パルメザンで有名なクラフトのドレッシング4種を実食→ハンバーガーのソースに最強か

パルメザンで有名なクラフトのドレッシング4種を実食→ハンバーガーのソースに最強か

パルメザンで有名なクラフトのドレッシング4種を実食→ハンバーガーのソースに最強か

©sirabee.com

緑色の細長い筒に入ったパルメザンチーズといえば『クラフト』だ。スーパーでもコンビニでも売っているため、ほとんどの人が目にしたことがあるだろう。

そんなチーズのイメージが強いクラフトが、チーズを使った4種類のチーズドレッシングを販売開始したところ大人気! 全種類を揃えるのは苦労するほど売れているようだ。

■念願のレビューをすることに

©sirabee.com

実際にしらべぇ取材班も販売開始から1ヶ月ほどさまざまなスーパーを周り、やっとすべての種類を買うことに成功。念願のレビューをすることにした。

(1)パルメザンシーザー

©sirabee.com

まず1種類目は、クラフト100%パルメザンチーズを使った『パルメザンシーザー』。

チーズだけでなくアンチョビやおろしにんにくが入っているので、パンチの効いた酸味強めのややスパイシーな味わいになっている。

名前のとおり肉類にも合う味わいなので、シーザーサラダに使うのがベストだろう。

(2) 胡麻&クリームチーズ

©sirabee.com

2種類目は、濃厚な胡麻とクリームチーズがたっぷり入った『胡麻&クリームチーズ』。

香ばしい胡麻の風味が前面に立ち自然な甘さがあるので、ブロッコリーなどの温野菜に最適だと思う。

(3)ベーコン&チェダーチーズ

©sirabee.com

3種類目は、あざやかなオレンジ色が特徴的な『ベーコン&チェダーチーズ』。

とにかく濃厚で、ドレッシングとは思えない粘度。しかもベーコンの風味がガッツリくるので、ドレッシング以外にも使えそうだ。

サラダに合わせるとしたら、ほうれん草など少しクセにある野菜に使うと美味しく食べられるはず。

(4)5種のチーズ

©sirabee.com

4種類目は、ブルーチーズやパルメザンなど、5種類のチーズがブレンドされた『5種のチーズ』。

こちらもベーコン&チェダーチーズと同様に、ドレッシングとは思えない粘度。さらにチーズの風味が超絶濃厚なので、ドレッシング以外にも使えるだろう。

サラダに合わせるなら、ポテトサラダの味つけに使うとよさそうだ。

■ハンバーガーのソースにしてみる

©sirabee.com

しかし、気になるのは『ベーコン&チェダーチーズ』と、『5種のチーズ』のとんでもない濃厚さ加減である。

濃厚なチーズソースとしてなにに使えばいいのか… そうだ! チーズと相性のいいハンバーガーのソースにしたら最強なのではないだろうか?

©sirabee.com

ということでさっそくバンズとパティを焼き…

©sirabee.com

レタスとトマトをはさめば…

©sirabee.com

最強チーズバーガーの完成! 今回はチェダーチーズを使用した。気になるお味は、もちろん超美味しい!

©sirabee.com

ソースが濃厚なので液だれすることもなく、しっかりハンバーガーのソースとして成立している。というか、そこらへんのハンバーガーソースよりも100倍ぐらいウマいと感じた。

ハンバーガーのソースとしてもドレッシングとしても激ウマなクラフトのチーズドレッシングシリーズ、気になる人はぜひチェックしてみよう!

・合わせて読みたい→簡単に直火焼きステーキを作れる『キャプテンスタッグ・BBQ合わせ焼き網』

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)