若者の結婚離れは深刻に…20代でも4割以上が「願望なし」

若者の結婚離れは深刻に…20代でも4割以上が「願望なし」

若者の結婚離れは深刻に…20代でも4割以上が「願望なし」

(?ぱくたそ)

結婚をしない人が増えている。そもそも、その人たちは結婚をしたいのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の一度も結婚をしたことがない男女530名に「結婚について」の調査を実施。

「結婚願望がない」と答えた人は、全体で50.8%と高い結果となった。

■若者の結婚離れは現実に

性年代別で見てみると、興味深い結果に。

©sirabee.com

20代の時点で男女とも4割を超え、「若者の結婚離れ」は実際に起きていることがわかる。

「結婚にメリットを感じない。今でも精一杯なのに、結婚したらさらにお金がかかるし」(20代・男性)

「自分の時間がなくなる生活が、今は考えられない」(20代・女性)

さらに30代から40代では、男性よりも女性のほうが結婚に消極的なのだ。

「仕事が楽しいから、このまま続けたい。結婚しても仕事を続ける女性は増えたけど、結婚や出産などで仕事を辞める人もまだまだ多いし」(30代・女性)

仕事を選ぶ前向きな意見もあれば、とても寂しい理由も。

「ネットで高齢独身女性のことを叩いているのを見ると、もう相手にしてくれる人はいないんじゃないかと思えてくる」(40代・女性)

ネットのマイナス面を、本気で受け取ってしまっているようだ。

■家事手伝いが結婚願望なし

職業別では、無職・家事手伝いで多くなっている。

©sirabee.com

家事手伝いは本来、嫁入りに備えて家事全般を覚えることである。しかし結婚願望がない女性が、家事手伝いとして家にいるパターンも増えているようだ。

「無職のときに仕事を聞かれたら、『家事手伝い』と言うようにしていた。ただやっぱり時代錯誤だし、自虐ネタな感じで使うことが多かったなあ」(30代・女性)

また、家庭環境が影響することも。

「うちの親は仲が良くなくて、けんかばかりしていた。そんなのを見て育ったから、結婚が幸せなんて思えなくて」(40代・女性)

一方で婚活をする人もいることから、両極端になっているようにも感じる。

結婚離れが進む今、「結婚すれば幸せ」という言葉は、もう過去のものなのだろうか。

・合わせて読みたい→子供を望まない女性は結婚できない? 女性の告白に反論も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代一度も結婚をしたことがない男女530名 (有効回答数)