痴漢男を1キロ追走し逮捕へ 19歳女子学生に「強すぎる」と賞賛

19歳女子学生が胸触った31歳男を自転車で1キロ追走し逮捕へ 「強すぎる」と賞賛

記事まとめ

  • 25日埼玉県蕨署は暴行容疑で、県内に住む会社員の男(31)を逮捕した
  • 逮捕容疑は女子学生(19)に対し、自転車ですれ違いざまに服の上から胸を触った疑い
  • 女子学生は、自転車に乗って約1キロの追跡の末に確保し、警察に通報したそう

痴漢男を1キロ追走し逮捕へ 19歳女子学生に「強すぎる」と賞賛

痴漢男を1キロ追走し逮捕へ 19歳女子学生に「強すぎる」と賞賛

痴漢男を1キロ追走し逮捕へ 19歳女子学生に「強すぎる」と賞賛

(James Woodson_/iStock/Thinkstock)

痴漢は決して許すことのできない卑劣な行為だ。だが、そうわかっていたとしても、いざ自分が被害者になってしまうと恐怖に身がすくんでしまう女性が大半だろう。

今、埼玉県で起こったとあるニュースが注目を集めている。

■1キロ追走の末に110番通報

25日埼玉県蕨署は暴行容疑で、県内に住む会社員の男(31)を逮捕したと発表した。

逮捕容疑は25日の深夜午前2時頃。戸田市内の県道で、向こう側から歩いてきた女子学生(19)に対し、自転車ですれ違いざまに服の上から胸を触った疑いが持たれている。

なお、この一件が通常の痴漢案件と違うのはここからだ。その後、女子学生が置いてあった自転車を取りにJRの駅まで行くと、偶然にも男を発見。

声をかけたところ自転車で逃走をはかったため、女子学生も自転車に乗って追うことに。結果、約1キロの追跡の末に確保し、警察に通報したそうだ。

■女子学生の強さにネット民感服

痴漢を1キロ追走した上で、捕まえて警察に突き出してしまう。このニュースを聞き、女子学生の強さに感服したネット民が多数確認できる。

・強い

・女子学生、胸触った男を自転車で1キロ追跡。被害者の努力に完敗。反撃される恐れもある中、31歳の犯人も、流石に高校生の体力にはかなわなかった

・度胸あるなこの女子学生。大抵の女性は、触られた時に恐怖感を覚えて、犯人の追跡などできない

一方、「一歩間違えれば……」と、女子学生の身を感じる声もちらほら。

・すごいとは思うけど、無理しないで通報を

・ただ逃げるような奴だから良かったけれど…

・執念……というかひとつ間違えば危険

たしかに、冷静に考えれば深夜に痴漢男を自転車で追う行動は、新たな被害を生み出す危険性も十分あるだろう。また、単純に夜に全力でペダルを漕ぐのは危ない。

■30代の8割は運動不足

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「運動不足を感じている」とした30代は8割に。40代、50代に次ぐ多さとなっている。

いくら男性とは言え、女子学生の脚力には敵わなかったのだろうか。

何度も記すが、痴漢男をひとりで追うのは決して安全な行為ではない。安易に真似をするのはやめておこう。

・合わせて読みたい⇒「性暴力は抵抗しない女が悪い」 男性の暴言を一喝したジョン・カビラに称賛

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20〜60代の男女1351名(有効回答数)