Mrマリックが壮絶な家庭崩壊を語る 「娘との関係修復」に視聴者号泣

Mrマリックが壮絶な家庭崩壊を語る 「娘との関係修復」に視聴者号泣

Mrマリックが壮絶な家庭崩壊を語る 「娘との関係修復」に視聴者号泣

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

かつて「超魔術」で日本中を騒然とさせたマジシャン・Mr.マリック(68)。大ブームが起こり、仕事が順調な一方、家庭は崩壊していたという。

25日に放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)にマリックと、娘でアーティストのLUNA(37)が出演し、話題になっている。

■マリックが犯した3つのしくじり

当時、人気絶頂で仕事が忙しかったため、家庭のことを一切顧みなかったというマリック。「金だけ稼いでいれば文句ないだろ!」という姿勢だったようだ。

その結果…

(1)仕事優先で、仕事と家庭のON、OFFがない。

(2)家庭でもMr.マリックの衣装で生活

(3)妻に子育てを丸投げして、大事なときに子供を叱れない父親

といった3つのしくじりを犯してしまう。家族写真は1枚しかなかったという。

■家庭崩壊に

やがてLUNAはマリックに反発するようになり、グレてしまう。どこへ行ってもマリックの娘ということで小学校でイジられつづけ、自分と向き合ってくれない父親に「小学校3年で話しかけるのをやめた」と絶縁状態にまで陥った。

その後、私立中学に進学するも校則違反を破り続け、素行が悪いことを理由に2年で退学処分に。当時を振り返ったLUNAは「グレることで個性を出そうとした」と思っていたという。

LUNAは家出を繰り返し、マリックもストレスから顔面麻痺になり、ついに家庭は崩壊した。

■家族と向き合ったマリック

そこで初めて家庭の大切さに気づいたマリックは、LUNAと真剣に向き合うことを決意。「娘が本気でやりたいことをやらせてあげよう」とLUNAが候補として挙げた職業を必死に調べ、知り合いに連絡するなど父親として全力投球。

ある日、「やりたいことがある」と言ったにも関わらず、昼まで寝ているダラけたLUNAを見て、マリックは「ダラダラしてないで何か夢を見つけろ!」と、初めて大声で叱りつけたという。

初めて父に叱られたことで「私、愛されてる」と感じたLUNAは、「このままじゃダメだ。変わりたい」と音楽の道を歩むことを決意したよう。

これらがきっかけとなり、家庭は修復へ向かったという。マリックは授業の最後を「家庭より大切な仕事はない」という言葉で締めた。

■ネット民からも感動の声

過去を振り返り、感極まって涙するふたり。スタジオだけでなく、ネット民からも「感動した」との声があがった。

・今日のしくじり先生はマリックさん親子の話なんだけど、いやー、泣いた。一度は家庭崩壊したらしいけど、マリックさんも娘のルナさんも、お互いが若くて元気なうちに仲直り出来て本当に良かったと思うわ

・マリック家で一番苦労し、心を砕き、身を尽くしてきたのはMr. マリックの奥さまだよね。本当にすごい人は、この奥さまだよ

・昨夜のしくじり先生、Mr.マリックさんの「家庭より大切な仕事はない」という言葉、本当にそうだと思った

・しくじり先生にMr.マリックとLUNAさん親子出てたんだけどMr.マリックが思い出して男泣きしだして私も泣く。とても感動しました!

■人生でもっとも重要なのは「家族」が7割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,340名に「人生でもっとも重要なもの」について調査したところ、7割近くが「家族」と回答。

©sirabee.com

仕事は7.0%と1割未満という結果に。

「父からもらった家族愛のパワー」で頑張れたというLUNA。ハンドパワーよりも強いエネルギーだったに違いない。

・合わせて読みたい→『しくじり先生』 荻原次晴の「本気で頑張ることの尊さ」に視聴者号泣

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1340名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)