『貴族探偵』隣室の謎判明 相葉雅紀と井川遥は密会してた?

『貴族探偵』隣室の謎判明 相葉雅紀と井川遥は密会してた?

『貴族探偵』隣室の謎判明 相葉雅紀と井川遥は密会してた?

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

相葉雅紀主演で放送されていた月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)が26日、最終回を迎えた。

しらべぇでも熱心に深掘りしてきた本作は、本格ミステリな謎解きと、原作へのリスペクト溢れる作品作りが一部ファンの熱狂的な支持を集めてきた。

そんな中、最終回で高徳愛香(武井咲)の師匠である女探偵・喜多見切子(井川遥)の死に関する意外な真実が明かされ、話題に。

■切子は生きていた……しかも隣室で監視?

貴族探偵(相葉雅紀)によって切子は消されたと、愛香だけでなく多くの視聴者が考えていた本作。だが、貴族探偵(相葉)の召使たちが明かしたのは「切子は生きており、貴族探偵はむしろ協力者」という真実だった。

じつは切子は香港でとある企業内の不正を暴いた際、それによって損害を被った「政宗是政」なる謎の人物から狙われるようになってしまったのだ。

そこで、切子は貴族に自分を殺したように見せかける工作の協力を依頼。それは愛弟子である愛香に危害が及ばないようにという配慮もあっての行動だった。

なお、切子は事務所の隣室にこっそり来ていたらしい。たしかに、今までの放送でもたまに隣室から狂ったように壁を叩く音が聞こえていたが、じつは切子の仕業だったのだ。

■隣室は「シークレットラヴァーズ」

なお、しらべぇドラマ班が喜多見切子探偵事務所が入る、ビルのテナントを確認したところ、以下のような表記だった。

《銀座小泉ビル地下》

・タムケ書房

・喜多見切子探偵事務所

・有限会社シークレットラヴァーズ

・株式会社ストームファイブ

表記の順番から見るに、おそらくだが探偵事務所の隣室は「タムケ書房」か「有限会社シークレットラヴァーズ」。前者が何を指すのかは不明なものの、後者は貴族と切子の関係を指すものと考えて間違いないだろう。

株式会社ではなく有限会社なのも、「大人の男女の恋はいつ終わるかわからない」という意味が込められていそうだ。(なお、『株式会社ストームファイブ』は嵐のことだろう)

■「そういうことか!」「わかってたよ」

最終回にてキレイに伏線が回収される。この丁寧な作りには、ファンからも多くの賞賛の声が寄せられている。

あ、そうか、エンディング前でたびたび御前様が隣にいるっぽい描写があったのは、切子さんを訪ねてきてたってことか。いやもうホント、1話から見返さなきゃだわ。 #貴族探偵

― chibarie (@chibarie_g5) 2017年6月26日

#貴族探偵 作っている側が楽しんでいる雰囲気が伝わって来る作品でした。自分は最初から死んでると思っていた切子が実は隣に住んでいたなんてどんでん返し。しかもアバンチュールまでセットになるとは!番組が言う程ツッコミは入れなかったなあと記憶。鈴木さんの声でSiriやって欲しい/笑

― 陸奥美 翔人 (@ShowtoMutsumi) 2017年6月26日

貴族探偵面白かったな〜。隣に師匠住んでる説が見事当たって、わたし1人でドヤ顔(笑)レアキャラ鈴木さん、見事な登場で一気にテンションup♪ 伏線全部回収してスッキリ。だけど明かして欲しくなかった御前様の正体は謎のまま。ほんと面白かった〜。来年の正月にSPで復活とかいかがですか?

― えるざ (@eruzaenjoy) 2017年6月26日

あらためて考えてみると、なーんだ、という真相ではある(しかしすべての真相はそんなもんだけど)。だけど、わたしを始めとして多くの視聴者が撹乱されたのは、これは主役の、つまり相葉さんの、御前の表情がまっっっったく読めなかったからだと思う。多分見返してもわからん。すごい。#貴族探偵

― そうまる@貴族探偵(麻耶) (@souko_sso) 2017年6月26日

■相葉くんは嵐で「一番付き合ってみたい」

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった「嵐メンバーでもっとも付き合ってみたいメンバー」という調査では、相葉雅紀の名前をあげた人はおよそ3割。

ドラマでの話とは言え、この層は「シークレットタブ」を分かち合った井川に軽く嫉妬してしまうかも。

「月9」枠の宿命と言うべきか、視聴率的な話ばかりが先行した印象の本作。しかし、「作品の本質を理解し、リスペクトした上でのオリジナル展開」や「ネット受けする遊び心」など、挑戦も多かったのもまた事実だ。

続編や特別ドラマが今後あるのかは謎だが、その際はしらべぇでも再び取り上げたい。

《これまでに配信した『貴族探偵』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→『貴族探偵』相葉御前に女子悶絶 武井咲をお姫様抱っこ

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
?調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日
? 対象:全国20〜60代の女性557名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)