雨予報も降らず、起きたら警報解除…自分は晴れ男・晴れ女だと思う?

雨予報も降らず、起きたら警報解除…自分は晴れ男・晴れ女だと思う?

雨予報も降らず、起きたら警報解除…自分は晴れ男・晴れ女だと思う?

(Seishiro Akiyama/a.collectionRF/Thinkstock)

7月に入り、夏休みなどレジャーの予定も決まってくると、気になるのは当日の天気。しらべぇの以前の調査では、「自分で雨男・雨女の自覚がある」と回答した人は19.0%。

では、自分を晴れ男・晴れ女と感じている人は、どのくらいいるのだろうか。

■自分は晴れ男・晴れ女だと思う?

編集部が全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査を実施したところ、全体の33.8%が自分自身を「晴れ男」あるいは「晴れ女」だと回答。

性別・年代別で集計すると、60代の4割以上は自分が晴れ男・晴れ女だと思っていることが判明した。

一方で30代の割合は低く、とくに30代女性が23.9%だった。子供とのお出かけといった機会が多いからだろうか、晴れるイメージが少ないようだ。

ちなみに、雨男・雨女率は年代が高くなるほど、下がっていく傾向にある。

©sirabee.com

■雨の予報を覆すパワー

Twitter上で、晴れ男・晴れ女に関するエピソードを調べてみると、「天気予報が雨でも晴れる」「起きたら大雨警報が解除された」など、自分にまつわる晴れ伝説をつぶやいている人は多い。

俺氏晴れ男伝説
・箱根の温泉に行った際、滞在前後は大雪ながら滞在の間は激晴れ。
・雨期のロンドンに1週間行ってほぼ晴れ。
・沖縄に行く際元々は梅雨で全日雨の予報が、前日に梅雨が明けて全晴れ ←new

— リョウ@インターネットお兄さん (@ryryo) June 28, 2017

私が起きた瞬間雨止んで警報解除されて晴れ女すぎるだろって学校向かう友達に絶望された。すまんな

— おばけ (@crazy_for_Laito) June 30, 2017

また、晴れを呼び寄せるにもタイプがあるようで、目的地に着くと雨が止むとのツイートもよく見かける。

目的地に着くと雨が止むとか流石晴れ男って感じ

— いろは (@miya201exp) December 22, 2016

ここ最近でわかったことがある。私、目的地はド快晴になるの!ただ、行き帰りの道中で雨に降られるのよ。これはさ、どっちかというと晴れ男ってことでいいよね??

— 蜂熊@判子と住民票とカードの伝道師 (@MrPooh0826) May 16, 2017

また、プロ野球観戦で一度も中止になったことがない強者もいた。

おばちゃんくそ晴れ女だから一回も中止にぶちあたったことないんだけど、チケッツの払い戻しとかって大変なのかしら。

— ??オリベ?? (@oribemaruNo5) April 11, 2017

楽しみにしていたイベントや行事を控えた前日には、なるべく晴天を祈りたいもの。しかし、今の時期ならば、梅雨空から晴れ間が見えても、夕立やゲリラ豪雨の可能性もある。

どうしても晴れてほしい! という時には、強烈な晴れ男・晴れ女を誘ってみてもいいかも?

・合わせて読みたい→出かけるといつも天候が悪い…自分は雨男・雨女だと思う?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)