エアシャワーや巨大冷凍庫!最新工場見学は見るだけじゃなく体験が魅力

エアシャワーや巨大冷凍庫!最新工場見学は見るだけじゃなく体験が魅力

エアシャワーや巨大冷凍庫!最新工場見学は見るだけじゃなく体験が魅力

(「グリコピアCHIBA」のエントランスには高さ5mのゴールインマークが! 貴重な撮影スポットだ)

7月13日、江崎グリコ株式会社の生産子会社のひとつ、グリコ千葉アイスクリーム株式会社の工場内に、見学施設「グリコピアCHIBA」がオープン。

7月3日に見学予約受付を開始したが、すでに9月末までほとんど予約が埋まっているほど、オープン前から大きな注目を集めている。

そんな人気の「グリコピアCHIBA」をしらべぇ取材班は、一足早く体験。『パピコ』『セブンティーンアイス』が作られている広い見学エリアには、楽しい工夫がいっぱい! そのほんの一部をレポートする。

■巨大ゴールインマークがお出迎え

エントランスでまず目に飛び込んでくるのは、「グリコといえば…」のゴールインマーク。ほぼ上半身のみで5mという巨大さには、かなりテンションが上がる。

しかもここはシアターの入り口になっていて…

©sirabee.com

胸の部分が開く。ゴールインマークの胸に飛び込むような気分で、シアターへ入場するのもおもしろい。

中に入ると200インチの大画面があり、お菓子作りだけでなく、おまけにおもちゃをつける、キャラメルをハート型に打ち抜く画期的なローラーを生み出すなど、創意工夫にあふれた創業者・江崎利一氏の物語や、アイスクリームに関する映像がゆっくり見られる。

その後、『パピコ』ができるまでを見学するため、エレベーターで最上階・5階へ移動。製造工程の工夫で、上階から徐々に降りて行く。

来場者だけのお楽しみ――ということで今回は紹介できないが、その途中にある「スパイラル急凍」には「遊園地のアトラクションみたい!」と思うような仕掛けも。

■エアシャワーの強風体験

「グリコピアCHIBA」の特徴は、単なる「見学」だけでなく「体験」ができる点。工場内で働く人の衛生管理について、イラストを交えて説明を受けた後は

©sirabee.com

実際にエアシャワーを浴びる。

©sirabee.com

普段経験することのない、かなり強い風で「おぉっ!」とか、「ぅわ!」とか、声が出るレベル。

また、見学コースを歩いていても…

©sirabee.com

工場内の通路で使われる、温度変化などを防ぐためのカーテンがあり「こうなってるんだ」を見たり、触れたりできるのが嬉しい。

また、巨大タンクの中の様子を直接見ることはできない代わりに、タンクのレプリカが用意されており、実際に中を通過できる。

こちらも見学する際のお楽しみのひとつで写真の紹介はできないが、人工的に霧のスクリーンを作り、内部の様子を映像で見られるだけでなく、通過する際には『パピコ』のチョココーヒーの甘い香りが!

疑似体験とはいえ「タンクの中」を通過するのも楽しいが、香りまで感じられるのはかなりすごい。

■見学にも工夫が

もちろん、実際に工場が稼働している様子はコースから見ることができ、

©sirabee.com

各所にモニターも設置されていて、多くの人が見やすくなるよう工夫されている。

©sirabee.com

さらに『パピコ』をパッケージに充填する工程には、見たい部分にズームするためのマシンも。あまりに楽しくて、これは取り合いになりそう。

©sirabee.com

パッケージに充填する際に入ってしまう空気を抜くため、トントンと容器を叩く動作などは、ズームで見るとかなり興味深いので必見だ。

■アイスの気分に…そして試食も!

そしてアイス工場といえば冷凍施設。『パピコ』が美味しくできるための「スパイラル急凍」の様子を体感するため、3段階に温度が分かれているという。

©sirabee.com

中に入ると…

©sirabee.com

寒い!

しばしアイスになる気分を味わった後には、出来上がった『パピコ』が保管・出荷される工程がわかるコーナーへ。

異物混入を防ぎ、温度管理のため外気に触れずにトラックへ搬入できるよう、トラックの荷台開閉部分が出荷スペースと同じサイズになっているのがわかる。

©sirabee.com

そしてお待ちかねの試食!

©sirabee.com

©sirabee.com

昔から『パピコ』に馴染みのある人なら、誰もが知っている「どうぞ! パピコ♪」のCMソング。一緒に『パピコ』ができるまでを見学した人同士で「どうぞ」し合うのも、楽しそう。

■アイスクリームの手作り体験も

工場見学は無料だが、それとは別に有料(1500円)でアイスクリーム手作り体験もできる。

©sirabee.com

家庭でも入手しやすい材料を使い、わかりやすく教えてくれるので、一度作り方を体験すれば自宅でもできそう。

©sirabee.com

©sirabee.com

『ポッキー』や『ビスコ』など、アイスクリームによく合うトッピングも用意されているのだが…

©sirabee.com

なんと! 希望すると、市販されていない『セブンティーンアイス』のクランチを入れてくれる。

©sirabee.com

これがまた、ものすごく美味しい! 参加する人は忘れずに、スタッフさんにお願いすることをオススメしたい。

トッピングできたら完成。

©sirabee.com

美味しくいただきます。

©sirabee.com

■最新鋭の工場だからできる商品も

©sirabee.com

工場施設について、グリコ千葉アイスクリーム社長・臼井選さんに話を聞いた。

――新工場が増設されて生産性は向上している?

「生産性は1.5倍、生産量はほぼ倍になりました。省エネなど環境配慮もなされた、最新鋭の工場です。

『パピコ』はロングセラー商品ですが、進化し続けています。1998年から食感が柔らかく、2016年からはより滑らかになって、1998年からはずっと右肩上がりの人気商品のひとつ。お子さんにも楽しんでいただいていますが、大人の方にも『あの味が!』と喜んでくださるのが嬉しいですね」

(ゴールインマークと同じポーズで、全然ふらつかないのはさすが)

――ここでしか作られていない商品もある?

「『パピコ』の夏限定<ホワイトサワー>、『セブンティーンアイス』の全22種類のうちSPECIAL SELECTION Crownの<ガトーショコラ><苺のベイクドチーズケーキ>は、この工場でだけ生産されています。

<ガトーショコラ><苺のベイクドチーズケーキ>は2層タイプになっていて、この千葉工場ができたから実現できた商品なんですよ」

この3つを手にした時は「最新鋭の工場で、できたアイスなんだ」と、思いながら食べるのもいいかも。

■五感で楽しめる施設に

さらに「グリコピアCHIBA」館長・吉村貴宏さんにも、話を聞いた。

©sirabee.com

――「グリコピアCHIBA」の特徴は?

「埼玉県北本市にある『ポッキー』の製造工程の見学ができる、『グリコピア・イースト』の館長もしていました。前例が活かせる部分もありますが、変えるべき点も多くあって、かなり工夫しています。

見学しやすいレイアウトはもちろん、体験が多いところが特徴ですね。来場される方のお楽しみとしていただいた『スパイラル急凍』や、巨大タンクの中で香りを感じながら通り抜けるなど、普段できない五感で感じる体験ができるところに、魅力を感じてもらえればと思います」

――デザインにも、さまざまな遊び心が感じられる。

「白を基調にしていてシンプルですが、いろいろと凝ったデザインになっています。入口のゴールインマークも、上半身だけで5mという見せ方は、他にはありません。試食コーナーなどにある椅子が、『パピコ』の形になっているとか、他にもいろいろと発見したり、感じたりしてもらえると嬉しいです」

(椅子が『パピコ』の形になっている)


(トイレのピクトサインもゴールインマーク)

――かなり細部まで見られる工程もあるが。

「『よくここまで見せましたね』と言われます。(笑)

アイスはキング・オブ・デザートだと思っていて、もっともっと可能性があると考えています。ここでアイスのことをもっと知って、感じてもらうことで、単にグリコのことだけでなく、アイス業界全体への貢献につながれば」

(アイスは冷たいが、吉村さんのアイスへの想いは熱い)

遊び心や楽しい工夫がたっぷりで、まだまだ紹介しきれない「グリコピアCHIBA」の魅力。

夏休み中の予約は難しいが、ここでしかできないことも多いだけに、ぜひ体験してみてもらいたい。

・合わせて読みたい→なにこれかわいい!白いカラフルポッキーが止まらないおいしさ

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

関連記事(外部サイト)