自転車で来たのに徒歩や電車で帰宅 東京都民に多い理由

自転車で来たのに徒歩や電車で帰宅 東京都民に多い理由

自転車で来たのに徒歩や電車で帰宅 東京都民に多い理由

(?ぱくたそ)

用事を済ませて家に帰ると、自分の自転車がない。そこでようやく自転車に乗って行ったのに、徒歩や電車で帰ったと気づいた経験はないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代自転車に乗る男女718名に「自転車での外出について」の調査を実施。

「自転車で出かけたのを忘れて、電車や徒歩で帰ったことがある」と答えた人は、19.5%と少数であった。

■年代が若くなるほど自転車を忘れる傾向に

若い人ほど、自転車を忘れる人が多くなっている。

©sirabee.com

次のようなシチュエーションで、忘れてしまうらしい。

「普段は徒歩だけど、たまに自転車でも行くようなところでやりやすい」(20代・男性)

「電車で10分くらいかかるところに、健康のためにと自転車で行ったときの帰りにやった。その後に取りに行くのが、とても面倒だったのを覚えている」(30代・女性)

年齢を重ねると、そのような無茶をやる人が少なくなるのかもしれない。

「自転車と徒歩で行くところは、自分の中で決まっている」(50代・女性)

■東京で自転車忘れが多い理由

同じ関東でも、東京と埼玉では19ポイント近くの開きがある。

©sirabee.com

交通網が発達しているほど、起こる現象との意見も。

「地方では1駅間の距離が長いけど、都市部には歩ける距離に駅がある。徒歩や自転車、電車と選択枠が広いから、忘れる確率も増えるのだと思う」(20代・男性)

普段の習慣から、自転車を忘れる人もいる。

「少し遠くか、ものすごい近くの場所に自転車で行くと、普段の習慣から電車か徒歩で帰ってしまう」(30代・女性)

自転車を忘れるのが心配なときには、スマホのリマインダー利用などの工夫をするのがよさそうだ。

・合わせて読みたい→リアル『弱ペダ』 2年でロードレース日本一になった高校生がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の自転車に乗る男女718名 (有効回答数)