徳光和夫、ギャンブルを理由に息子の現金を勝手に… 「クズですよ」と暴露される

徳光和夫が過去に、ギャンブルを理由に息子である徳光正行の金を窃盗か

記事まとめ

  • 徳光和夫の息子である徳光正行がTOKYO MX『5時に夢中!』に出演し、父の逸話を語った
  • 徳光和夫はギャンブル好きで、金がなくなると子供たちの引き出しからお金を漁るという
  • 母に密告したら和夫から20万円を渡され"気の毒だから渡す"と捨て台詞を吐かれたらしい

徳光和夫、ギャンブルを理由に息子の現金を勝手に… 「クズですよ」と暴露される

徳光和夫、ギャンブルを理由に息子の現金を勝手に… 「クズですよ」と暴露される

徳光和夫、ギャンブルを理由に息子の現金を勝手に… 「クズですよ」と暴露される

(画像は『5時に夢中』公式Facebookのスクリーンショット)

「大号泣」でおなじみのフリーアナウンサー・徳光和夫(76)。涙もろく、情に厚い印象をもたれがちだが、家庭では裏の顔があるという。

27日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、息子でキャスターの徳光正行(45)が、父・和夫とのトンデモ秘話を語った。

■ギャンブル好きが影響して…

番組では、女優・濱松恵(34)が「中学生のときに、養育費をもらうために金属バットを持った父親と対峙した」という話題を取り上げた。

これを受け、徳光正行は父親との一番の思い出について「実家の引き出しの2番目からお金を盗まれたこと」と発言。

大のギャンブル好きだという父・和夫だが、月につかえる金額を妻によって管理されてたという。そのため、お金がなくなると、子供たちの引き出しを開けてお金を漁る行動に出るというのだ。

正行は支出額をメモしていたのだが、ある日、その金額と引き出しの金額が合わなかったことがあったとのこと。正行はとっさに「お父さんだ!」と思い、母に密告することに。

■捨て台詞を吐いた和夫

すると、問い詰められた和夫は「オレがそんなことするわけないだろ! 息子の金なんか盗るもんか!」と激昂。夫婦で言い争いが始まったという。

そこで正行は、加入している警備会社を自宅に呼ぶことを提案。その直後、和夫は妻に寝室に連れて行かれたよう。

そして、正行のもとへ戻った和夫は20万円を差し出し、「お前が気の毒だからオレは20万円を渡すけど、一生お前の金は盗らないし、一度も盗ったことがない!」と捨て台詞を吐いたという。

正行は過去を振り返り、「そういう人が『24時間テレビ』の司会をやってる」「アレも大概クズですよ」と毒づき、スタジオの笑いを誘った。

■「どっちもどっち」の声も

このエピソードを受け、ネット民からはさまざまな声が。

・聖人君子とは思っていなかったけど、ここまでゲスいとちょっとね…。というか、単純にギャンブル依存症だよね

・親がダメ親でも自身なら公の前で恥ずかしくて話せない子供も子供

・そんなクズなオヤジから、いい歳していまだにお年玉もらっているバカ息子

・自分も親の財布からお金盗んだって言ってなかったっけ?

■二世タレントは甘やかされすぎ?

正行といえば、40歳を過ぎてもお年玉をもらっていたり、自宅を建ててもらったりといった「甘やかされエピソード」が目立つ。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「二世タレントの親」について調査したところ、6割が「教育が甘すぎる」と回答。

©sirabee.com

年代が上がるにつれ、教育に厳しい指摘が見られた。

最近では「クズ男キャラ」で人気が出てきたという正行。もしかすると、今後も徳光家のトンデモ話が飛び出すかもしれない。

・合わせて読みたい→マツコ・デラックス「良妻賢母のほうが浮気する」発言 その理由に視聴者納得

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,336名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)