面接後に社長からLINE→「彼氏がいる」と答えた瞬間「採用取り消し」

再就職活動中の女性が、社長に「恋人がいる」と答えた途端に採用取り消し

記事まとめ

  • 再就職活動中の女性が面接で即採用されたが、社長からLINEの友達登録されたという
  • その後、社長の質問に「恋人がいる」と答えた途端に採用取り消しされたと女性は述べる
  • 女性のツイートは瞬く間に拡散され、『彼女面接』をしていた社長に批判が殺到している

面接後に社長からLINE→「彼氏がいる」と答えた瞬間「採用取り消し」

面接後に社長からLINE→「彼氏がいる」と答えた瞬間「採用取り消し」

面接後に社長からLINE→「彼氏がいる」と答えた瞬間「採用取り消し」

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

企業が求める人材は、その時々によって異なる場合もある。

そんな中、再就職活動中のあるツイッターユーザーが採用面接を受けたところ、「一般常識から逸脱した理由」によって、採用を見送られてしまったことが話題となっている。

■「彼女面接」をしていた社長

そのユーザーは、紹介会社を通じてある企業の面接を受けた。

めでたくその場で即採用となったそうだが、その後応募先企業の社長と思しき人物からLINEでメッセージが送られてきたという。

今更やが再就活中時の出来事。紹介会社通して面接して、その場採用されたんやけど、暫くたらLINEのお友達登録されて、無視することも出来ず仕方なく返信してたら社長がとんでもないクソでした。そんな話してないしいるともいないとも言ってねーよ…私が受けたの「彼女面接」かなんかやったんかな pic.twitter.com/lgtWDFrgam

— ymd??ゆきりぃやまる (@ymd_jk) June 27, 2017

突然のLINEでの連絡に違和を感じたものの、これから自分がお世話になる会社の社長からのLINEであったため、メッセージを開いた。

「後で電話しても良いか?」との問に、面接でのお礼を述べたうえで「電話は何時でも大丈夫です」と返信。

その後社長から「今家に1人でいるの? 今日は遊んでいたの?」など徐々にプライベートな質問が来るようになり、「今日は会えるかな?」との問に「会うことは難しい」と返答すると…

社長:彼がいてるの?

女性:そうです

社長:彼氏、いないと聞いていたよ

女性:そこまで詳しくお話していませんでしたが、何か問題でしたか?

社長:今回の採用は見送りで、お断りをさせていただきます。困惑な気分にさせたら、すみませんね

驚くことに、「パートナーがいる」と答えた途端に採用を取り消されてしまったというのだ。

これについて、このユーザーは「やっぱり気持ち悪い。これくらいじゃお咎めはないだろうし、とにかく悔しくて悔しくて仕方がない」と気持ちを打ち明けている。

■「気色悪い」ネット民も驚愕

このツイートは瞬く間に拡散され、「彼女面接」をしていた社長に対する批難が殺到している。

気色悪ぃ…

給料払ってんのこっちだから俺が偉い!!俺に何があっても従え!!みたいな経営者だとこういう彼女面接だったり、わざと2人きりになって「膝枕して?」みたいなの居るよな。
後半友人の実話です。
「ハロワに提出されてた仕事内容に書いてなかったです」って返した友人流石かよ。

— アサミ(浅見)@ラスゲ最高 (@asamimira) June 27, 2017

あのさあ、就活生の内定なんだと思ってんだ? テメェの彼女面接じゃねえんだわあ、こちとら働くために面接受けてんだよって感じよね そんなに女が欲しいなら風俗とか、職業にしてる人んとこに行ってどうぞ

— とろける鮎川 (@ayukawa1006) June 27, 2017

彼女面接……wこんなクソな社長っているんだなー入社する前に気づいて良かった良かった

— とまと('ω')/ (@cle_tomato) June 28, 2017

なんだこれ…どこの会社の社長よ…彼女面接…

— 低血圧ぽい鎖鵺いんげん (@canti__) June 28, 2017

就職活動において、応募先企業には連絡先を伝えなくてはならない。その結果電話番号などから、芋づる式にSNSアカウントがバレてしまう可能性があることに、不安を抱いた人は少なくない。

また、「会社名を晒してやったらどうか」といった、怒りの声も。

相次ぐ「面接官」や「社長」という立場を利用した、就活生に対する卑劣なハラスメント行為。今回、就職する前に社長の所業が判明したことが、不幸中の幸いであったと、言わざるをえない。

・合わせて読みたい→夜10時に就活生が双眼鏡で応募先企業の「残業」偵察 驚きの実態に物議 

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

関連記事(外部サイト)