心臓疾患の大学生が優先席に座っていたら…「ヘルプマーク」周知叫ばれる

心臓疾患の大学生が優先席に座っていたら…「ヘルプマーク」周知叫ばれる

心臓疾患の大学生が優先席に座っていたら…「ヘルプマーク」周知叫ばれる

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

妊娠中の女性が、公共機関を利用する際に身に付ける「マタニティーマーク」が広く知られるようになった昨今。

見た目では分からない障害や病気を患い、周囲の援助や配慮が必要とされる人のための「ヘルプマーク」というものが存在することをご存知だろうか。

今ネットでは、「ヘルプマーク」の必要性と認知を訴える声が数多くあがっている。

■「心臓疾患」の女子大生が優先席で…

ある匿名掲示板に寄せられた投稿では、、心臓疾患を抱える女子大生が、優先席に座り眠り込んでいたところ、突然誰かに脚を蹴られ、驚いて顔をあげると、目の前に自分を睨みつける妊婦が立っていた。

投稿者は「体調が良ければ、妊婦に席を譲りたかった」とつづっているものの、その日は体調が悪く、混雑した電車の中で立ち続けるのが非常に辛い状況であったため、妊婦に心臓疾患であることを説明し、席を譲れないことを詫た。

すると、やや困惑した様子をみせつつも、その妊婦は隣の車両へ移動していったという。

■「内部障害者」への理解を訴える投稿者

この書き込みに対し、投稿者の脚を蹴るなどした妊婦への批判が殺到。その流れを受けて、投稿者はこの書き込みの主旨が「妊婦の批判」ではなく、他に大きな理由があることを訴えた。

「妊婦さん叩きをしたいんじゃなくて、優先席に若くて健康そうな人が座ってても、無理やりどかせたりすることはやめてほしいってことを言いたかった

妊婦さんに限らず、お年寄りとか優先されるべき人が座れないと、そこに座ってる若者に厳しい目をむけることがあると思う 。でも、よっぽど頭おかしい人以外は、目に見えない障害を抱えていたり、体調不良だったり事情があると思うんだ」

さらに、妊娠中の人には席を譲ってあげてほしいとも訴え、「私たち障害者も善意に甘えてるところがある、譲ってもらうことに感謝の気持ちを忘れないようにしたい」とも書き込んでいる。

■「ヘルプマーク」の重要性と周知が叫ばれる

事実関係はさておき、掲示板での書き込みは波紋を広げている。内部障害者が直面している問題に対し「ヘルプマーク」がもっと認知されるべきだと訴える声も。

【お願い】心臓疾患のある女子大生が優先席に座っていると蹴られたという痛ましい事がありました。ヘルプマークの認知度アップが急務です。みなさんの拡散よろしくお願いします。フェイスブック等々で拡散本当によろしくお願いします。#拡散希望 #拡散希望RTおねがいします。 pic.twitter.com/rNbj5Bge5F

— ネコのしっぽ (@neko_neko_pon) June 26, 2017

ヘルプマークご存知知ですか?
一見分からないけど身体疾患で苦しんでいる方は沢山いらっしゃいます。もっと普及して欲しいし、沢山の方に知って欲しい!
見かけたら席を譲ったり、手をさしのべてあげて下さいね。助け合いの社会は素敵ですよね。#拡散希望

上げ逃げごめんなさい? pic.twitter.com/vmcStUhNnG

— 抹茶の部 (@shanpo23) June 28, 2017

この際だから、知って欲しいマークを載せる。#拡散希望
左から、

【当事者の付けているもの】#ヘルプマーク #ハートプラスマーク #手伝ってカード
何らかの配慮を必要としています。

【支援者につけてほしいもの】#サポートハートマーク
当事者が助けを求められるように。 pic.twitter.com/lMoED93rXv

— さかり〜な♪@疾患啓発でいろいろやります (@sakary_na) June 27, 2017

「内部障害」などを抱える人たちが直面している深刻な問題を受けて、「ヘルプマーク」の周知を行うユーザーが現れ、各所でこういった動きが広まっている。

■「ヘルプマーク」はどこでもらえる?

ヘルプマークは2012年から東京都が配布を初めたもので、世間にはそれほど認知されていない。

現在、神奈川県や京都府などが東京都と連携して積極的に配布・啓発運動を行っているものの、まだ47全ての都道府県で配布されているわけではない。

しかし、2016年以降、積極的にヘルプマーク導入の動きが広まっているため、自分の地域で配布されているかどうかは、各都道府県の「障害福祉課」などへ問い合わせてみることをお勧めする。

まだヘルプマークが配布されていない地域でも、「東京都福祉保健局ホームページ」から、指定のマークをダウンロードし、ガイドラインに従って必要事項を記載すれば、自分でヘルプマークを作成することもできる。

■「ヘルプマーク」を付けている人を見かけたら…

ヘルプマークを付けている人を見かけたら、電車・バスで席を譲ることや、交通機関での混乱時(事故・遅延・運転見合わせなど)、突発的な出来事に対処することが困難な人もいるため、何か援助が必要でないか、状況に応じて声をかけるなどの配慮を。

また、災害や緊急時には、安全な場所へ避難する際の援助が必要とされる。困っている人にそっと手を差し伸べられる…そんな優しい社会でありたい。

・あわせて読みたい→座れなかった腹いせ…難聴を患う女子大生に「生まれてきたことが親不孝」

(文/しらべぇ編集部・もやこ 参照:東京都福祉保健局HP)

関連記事(外部サイト)