セレブのはずが… 高須克弥院長がプライベートで100円ショップに登場?

セレブのはずが… 高須克弥院長がプライベートで100円ショップに登場?

セレブのはずが… 高須克弥院長がプライベートで100円ショップに登場?

(写真は公式ブログのスクリーンショット)

高須クリニック院長として、メディアでも活躍する高須克弥氏(72)。

事実婚の妻である漫画家の西原理恵子(52)の公式ブログに、高須院長が100円ショップなど庶民的な店を散策する写真がアップされ注目を集めている。

■馴染んでいる? 高須院長の「克さんぽ」

冒頭の写真は、西原が「かっちゃん」というタイトルで28日にアップしたブログの引用だ。写真には…

「100均を不思議そうに眺めるかっちゃん」

というコメントが添えられており、商品を手に取り、興味深げに眺める高須氏の姿が…。

思ったよりお店に馴染んでいるが、高須氏を知るファンとしては「おもしろいから、店ごとちょうだい! 」と言いそうな「圧」を感じてハラハラする1枚だ。

■精力剤にいろんな意味で興味がある?

高須氏のお散歩は続き、「炎の超絶サプリ」というキャッチコピー知られるエナジードリンク「凄汁」の看板を、小首をかしげながらジッと見つめる写真も。西原いわく…

「凄十をほんのり興味ありげに眺めるかっちゃん」

とのこと。「凄十」の公式サイトを見ると、中高年男性向けの精力剤といったイラストも見られる。高須院長と知らない人が写真の光景を見たら、どことなく哀愁を感じそうだ。

(写真は公式ブログのスクリーンショット)

■庶民的で美味しいお店でのんびりデート

その後、骨付鳥とからあげ、漬け込みハイボールで人気のバル「がブリチキン。」の路面席でチキンを食す高須院長。 背後の「夏のハイボール¥490」というポスターのの対比が絶妙だ。

最後は、恋人である西原と2人で、ひとつの鍋に長いストローを入れて汁を吸う仲睦まじいな姿も。写真には…

「72歳と52歳でラムカップ」

というコメントがつけられている。

(写真は公式ブログのスクリーンショット)

共にリッチな有名人同士のカップルなだけに、大学生のようなデートを楽しむ姿が微笑ましく、大人の余裕と遊び心が感じられる。

・合わせて読みたい→『真田丸』ではスルーされた高須克弥氏の先祖がスゴい

(文/しらべぇ編集部・星子)