日本が「観光大国」になるにはどこを改善すべき? 外国人の答えは…

日本が「観光大国」になるにはどこを改善すべき? 外国人の答えは…

日本が「観光大国」になるにはどこを改善すべき? 外国人の答えは…

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

東京五輪を3年後に控え、東京や京都など大都市では外国人観光客の姿を目にする機会も多くなっている。

かつてドヤ街と呼ばれた東京の山谷や大阪・西成地区が、外国人バックパッカーの泊まる街として生まれ変わりつつあるなど、さまざまな影響も起きているが、日本がさらに観光大国をめざすにあたって、改善すべき点はあるのだろうか。

しらべぇ編集部は、リトアニアに本社を持つ調査会社Syno Japanと共同で、訪日・在日経験のある外国人601名を対象に調査を実施。

上位の結果をランキング形式で紹介しよう。

■第5位:「タトゥー禁止」をやめるべき

日本人は、刺青・タトゥーに対して恐怖感・嫌悪感を持つ人が少なくない。江戸時代には入墨刑として犯罪者の証とされ、現代でも暴力団員などに多く見られるためだ。

一方、海外では著名スポーツ選手や俳優・女優なども堂々とタトゥーを入れている人が目立つ。ところが、来日した際は温泉や銭湯、プールなどの入場を断られる場合も。

今回の調査では6.3%の人が「外国人に対してタトゥーを禁止するポリシーを辞めるべき」と回答した。

■第4位:外国のクレジットカードを使いやすくすべき

大都市ではクレジットカード対応の店が増えつつあるが、全国的に見れば未対応の店舗も多く、またVISAやマスターなど大手のカード以外は使えない場合も。

海外では日本よりクレジットカードが日常的に使われる国も多く、日本円に両替する手間もあってか、6.5%の人が「外国のクレジットカードが使いやすくなってほしい」と求めていることがわかった。

■第3位:コンサートのチケットを買いやすくすべき

意外にも10.3%の支持を集めて3位にランクインしたのは、「コンサートのチケット」。中でも人気のものはファンクラブ会員限定など、そもそも手に入れづらい。

さらに、チケットの「高額転売」には音楽事業者などが問題を指摘しているが、一方で、外国人観光客なども含めた誰もが簡単に手頃な価格でチケットを入手できる仕組みが必要なのかもしれない。

■第2位:公共の場での喫煙をやめるべき

日本でもタバコへの規制は強まりつつあるが、先の国会でも健康増進法の改正案が自民党などの反対により廃案となった。

米国など、公共の場での喫煙が厳しく規制されている地域は少なくない。今回の調査では3割が「改善すべき点」として回答。外国人観光客は、日本のタバコ環境に違和感を覚えている人が少なくないことがわかる。

■第1位:英語能力を上げるべき

今回の調査で、来日・居住経験がある外国人の5割が「観光大国になるためにすべき」と答えたのは、英語力の向上。

「会話や標識、英語ができるスタッフの常備」などが挙げられた。交通機関の職員や店舗、案内板など、東京五輪に向けて充実が求められる。

©sirabee.com

・合わせて読みたい→アメリカ人が知っている日本の都市ランキング 東京以外は悲劇的な結果に

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 調査協力/Syno Japan)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ?
調査期間:2017年5月26日〜2017年6月16日?
対象:日本に滞在・居住経験がある外国人男女601名(有効回答数・Syno JapanのパートナーであるGplus Mediaが運営するJapan Todayユーザからの回答)

関連記事(外部サイト)