待ち時間が嫌いな人が多い職業は公務員 しかし役所では…

待ち時間が嫌いな人が多い職業は公務員 しかし役所では…

待ち時間が嫌いな人が多い職業は公務員 しかし役所では…

(?ぱくたそ)

病院や役所の手続き、友達との待ち合わせなど、人はさまざまなシーンで待ち時間と付き合っている。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「待ち時間について」の調査を実施。

「待ち時間が嫌い」と答えた人は、全体で64.2%とやはり高い結果になった。

■若者は待ち時間にスマホを

年代別では、男女ともにほとんどの年代で多くなっている。

©sirabee.com

しかし20代男性が、唯一半数を切っているのだ。

「スマホをいじくっていれば、なんとか時間がつぶせるから」(20代・男性)

また相手が待ち合わせで遅れたとしても、それほど怒りがない人もいる。

「遅れることを連絡してくれれば、適当に時間をつぶしておく。寝坊などで連絡が取れないのは、ちょっと心配になるから止めて欲しいけど」(20代・男性)

携帯が一般的に普及をしていなかった時代には、公衆電話を見つけて電話をかけるくらいしかできなかった。そんな時代を知っている人は、若者の感覚を不思議に思うかもしれない。

■公務員は待ち時間が嫌いなのに…

職業別では、公務員が一番多い結果である。

©sirabee.com

役所で長時間待たされたことがある人は多いと思うが、働いている人たちもじつは待ち時間が嫌いなのだ。多くの人を待たせ、心苦しく思っている人もいるのかも。

また無職・家事手伝いも、7割を超える多い結果になっている。時間には余裕がある人でも、待たされるのは好きではないのだ。

「病院は2時間くらい待って、診察が5分くらいなときもある。なんとかして欲しい」(40代・女性)

病院の中にはネットから予約ができ、順番が近づくと知らせてくれるサービスを採用しているところもある。「自分の家のそばの病院も、早く導入してくれ!」と願っている人も多いのでは。

待ち時間が嫌な人がいるのは当然だが、イライラしたところで解決するものでもない。上手な時間のつぶし方を探すほうが、賢明といえるだろう。

・合わせて読みたい→エレベーターの待ち時間にイライラするのは「時は金なり」精神?

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)