『ひよっこ』ビートルズ来日の裏側が切ない 自分を重ねる人続出

『ひよっこ』ビートルズ来日の裏側が切ない 自分を重ねる人続出

『ひよっこ』ビートルズ来日の裏側が切ない 自分を重ねる人続出

(画像はInstagramのスクリーンショット)

有村架純主演で放送中の朝の連続テレビ小説『ひよっこ』。物語は1966年を迎え、日本の音楽史の中でも歴史的瞬間である「ビートルズの来日公演」にまつわるエピソードが描かれている。

そんな中、チケット争奪をめぐる厳しい現実と、それをロックンロールのパワーで乗り越える、宗男(岸田和伸)の明るさが描かれた。

■落胆するみね子 しかし、宗男は能天気

叔父の宗男を喜ばせたい一心から、歯磨き粉を大量に購入してビートルズの切符を当てようとするみね子。

しかし、残念ながら当選の連絡はなく、むしろ「すずふり亭」でコネでチケットをゲットした人々の話を聞いてしまうことに。彼らの中にはチケットを手にしたものの、ビートルズには興味のない人もいる様子だった。

落ち込むみね子だったが、仕事が終わってあかね荘に帰ろうとすると、店の裏口付近に宗男の姿が。なんでも、ビートルズがコンサートを行っている間は東京にいることにしたそう。

その後、ズカズカと上がり込んだかと思うと大家の立花富(白石加代子)を土産物攻撃で陥落させ、空き部屋を使用できることになったのだった。

■チケット争奪戦を知る現代人も共感

この世界では「コネ」がなにより重要であり、本当にほしい人の元にチケットは行き渡らない。そんなシビアな現実を描いた今回の放送は、「チケットをご用意できませんでした」に親しんでいる平成の人々からも多いに共感されたよう。

すごくすごく欲しがってる人の手には入らなくて、流行りに乗りたいだけのコネある人々には手に入る… 仕方ないけど辛いよね。ビートルズだって、宗男さんみたいな人に聞いてもらいたいと思うわ。#ひよっこ

― しましま(朝ドラ/大河) (@20years_later_) 2017年6月29日

今日のひよっこは、興味はあまりないがコネと金はある、死ぬほど行きたいがコネも金も暇もない運任せ。という現在のチケット争奪戦がそのまんまだったと思う。みねこー、宗男さんー気持ちわかるぞー。#ひよっこ

― ふく (@fukutyanbo) 2017年6月29日

コネに恵まれた(大してファンでもない)人間が苦もなくチケットを手に入れ、持たざる者達はいくら必死になろうと無駄。ため息が出る展開なのに、宗男さんの上京がひっくり返した。
ロックンロールだっぺ!#ひよっこ

― ぬえ (@yosinotennin) 2017年6月29日

あかね荘の皆さんからすると、ビートルズがやって来た衝撃よりも宗男さんがやって来たインパクトの方が大きそうな気がw しかしやっぱり好きの力は偉大だな。この人、部屋まで借りて本気で追っかけするつもりだよ!w #ひよっこ

― soco (@a_a000l) 2017年6月29日

しかし、一方でそんな落胆ムードをひっくり返してしまう宗男の明るさに元気をもらった人も少なくなかったようだ。

■朝ドラには「変な叔父さん」が多すぎ?

©sirabee.com

なお、しらべぇ編集部が朝ドラファン277名に行なった調査では「朝ドラには変な叔父さんが出てきすぎだと思う」と答えた人は全体の38.6%。男性が女性に比べて11ポイントほど高い結果になっている。

明日以降、宗男おじさんがどんな風に物語をかき回してくれるのか。楽しみにしたい。

《これまでの『ひよっこ』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『ひよっこ』竹内涼真が磯村勇斗とイチャイチャ 女子悶絶

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20〜60代の朝ドラファン男女277名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)