「ひふみん」こと加藤一二三が引退会見 藤井四段に「すばらしい後継者」

「ひふみん」こと加藤一二三が引退会見 藤井四段に「すばらしい後継者」

「ひふみん」こと加藤一二三が引退会見 藤井四段に「すばらしい後継者」

(画像はTwitterのスクリーンショット)

20日に引退を表明した元プロ棋士・加藤一二三(77)が、30日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で引退会見を行い、63年間走り続けた激動の将棋生活を振り返った。

■最大の思い出は「念願の名人」

現役生活での思い出について聞かれた加藤は、82年の7月31日の中原誠(当時名人)との名人戦を挙げる。

95%負けていた対局だったというが、逆転勝利したことで「念願の名人になったことが最大の思い出」と語った。

■藤井四段にもコメント

デビュー以来29連勝という歴代最多の藤井聡太四段(14)について聞かれ、「秀才型の天才」と語った。

藤井四段は作戦を立てるのが非常に上手であり、序盤から有利に立てるような作戦を考えてくるといい、「欠点がひとつもない。すばらしい後継者」と褒め称える。

また、藤井四段とのエピソードについて、対局中、加藤がチーズを食べ始めたところ、それを見た藤井四段が少し間を置いてチョコレートを食べはじめたことに感心したという。

先輩が食べるまで、食事をとってはいけないというマナーはないということだが、藤井四段のそういった先輩に対する気遣いに好感をもったとのこと。

■引退を見送るファンたち

引退会見を見ていた将棋ファンやネット民からはさまざまな声が。

・ひふみんが一生懸命に応じているのを見て、なんだか感動している。そして気持ちが温かくなる引退会見だ

・ひふみん。記者泣かせ(笑) 止まらないマシンガントーク! 隙がない!w 息継ぎしてるのかな。

・ひふみんの引退会見を見て凄く感動した午後3時。人に愛されるってこういうことなんだろうな。素晴らしい

・ひふみんと藤井四段のエピソード笑った。ふたりともかわいいなあ

■引退会見でもマシンガントークは炸裂

引退会見でも他を圧倒するほどのマシンガントークは健在。

「将棋、棋士とはなにか」という質問には「精魂込めて、50年、100年色褪せない名局を指せたことが大きな誇り、喜び」と回答。

また、白百合女子大学の客員教授として就任したことも明かし、「人生観を女子学生に語っていきたいと意欲を燃やしています。教育は大事」と語った。

記者を圧倒するほど喋り続け、「大変、すっきりした気持ちです」と現役生活を振り返った加藤だが、今後もさまざまな形で活躍する姿に期待したい。

・合わせて読みたい→藤井四段よりも「ひふみん」のほうがスゴイ? 本人降臨のほっこり話に大感激

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

関連記事(外部サイト)