KAT−TUN元メンバー・田中聖が不起訴処分 「決めつけ報道」に弁護士が警鐘

KAT−TUN元メンバー・田中聖が不起訴処分 「決めつけ報道」に弁護士が警鐘

KAT−TUN元メンバー・田中聖が不起訴処分 「決めつけ報道」に弁護士が警鐘

(joel-t/iStock/Thinkstock)

30日、アイドルグループ『KAT−TUN』の元メンバー、田中聖(31)が不起訴処分となったことがわかった。

■不起訴処分は想定の範囲内?

先月24日、田中は大麻所持による大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されていた。東京地検は不起訴の理由について、「犯行事実を認めるに足りる十分な証拠が得られなかった」としている。

しらべぇ既報のとおり、不起訴処分も充分に考えられていた田中。警察の調べに対して「自分のものではない」などと所持を否定していたが、実際に所持していたかどうか立証きず、嫌疑不十分となったようだ。

■祝福するファンたち

田中の不起訴処分を受け、ファンたちからは喜びの声が。

・やっと、やっと不起訴の判決が出て嬉しいよ。ゆっくりでいいからステージに戻ってくるのを待ち望んでるから

・田中聖くん不起訴なのね、嬉しいけどほんとにやってたならやり直して欲しいから複雑。好きなのは変わらんけど

・聖くん不起訴で良かったぁぁぁ泣 最後まで信じてて本当によかった

■不起訴処分に否定的な声も

喜ぶファンがいる一方、「納得がいかない」と怒りの声も。中には、警察や法律に対する不満の声をあげる人も。

・警察の不甲斐なさにガッカリでも泳がせて再逮捕になりそう?

・陽性反応が出ていても、所持を否認していれば不起訴になるなんて、変な世の中

・ただただ警察が無能だった、って話じゃないの?

■「逮捕段階での報道」に警鐘も

しらべぇ取材班は、「芸能人の権利を守る 日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」の共同代表理事も務めるレイ法律事務所・代表弁護士の佐藤大和先生に話を聞いた。

なお、今回の事案についてERAは次のような声明を発表している。

「法律上は、有罪の判決を受けるまでは「無罪」と推定され、そのように取り扱われなければなりません(推定無罪の原則)。この考え方は、報道においても変わらないと考えます。逮捕というのは、緊急性が重視されるため、逮捕を認めるか否かは、裁判手続ほど細かく審査するわけではありません。

そのため、逮捕の段階でその人を『犯人』と決めつけてはいけません。 したがって、有罪の判決を受けていない現段階において、『犯人』と決めつけるかのような報道については、慎重であるべきと、私たちは考えます」

©sirabee.com

佐藤弁護士:今回、田中さんは「犯行事実を認めるに足りる十分な証拠が得られなかった」として不起訴処分になりましたが、当初から、メディアは、田中さんを犯人と決めつけ、様々な報道を繰り返しました。

これは正当な報道を超え、憶測の報道や関係のない報道、名誉毀損的な記事も多く、一種の「叩き」のようなものだと私は感じておりました。 マスコミの報道は、その一つで、その人の人生を大きく変えてしまうほどの力があります。

不起訴処分になったとはいえ、今後の田中さんの活動に大きな影響を与えるでしょうし、一度マスコミによってつけられてしまったイメージは、そう簡単に払拭できません。マスコミは、今一度、自分たちの報道についてもっと真剣に考えるべきだと思っています。

・合わせて読みたい→大麻容疑で逮捕の元KAT−TUN・田中聖が釈放 「不起訴」になっても理由はわからない?

(取材・文/しらべぇ編集部・らむたそ 取材協力/レイ法律事務所・佐藤大和弁護士)

関連記事(外部サイト)