「カップ焼きそば食べたことない」 61歳の大地真央が美を保つ食事とは

「カップ焼きそば食べたことない」 61歳の大地真央が美を保つ食事とは

「カップ焼きそば食べたことない」 61歳の大地真央が美を保つ食事とは

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

6月30日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の企画「本音でハシゴ酒」に出演した、女優・大地真央。

その美魔女ぶりと美を保つ秘訣が話題となっている。

■美の秘密は食事?

番組で大地は、行きつけの「食べるエステサロン」と称される「薬膳中華料理屋」で美の秘訣を語った。

滋養強壮の効果がある「冬虫夏草」入りスープは8千円、「コラーゲン」が多く含むフカヒレ入りスープは1万円だという。これも美容のためと思えば、安いのだろうか…。

また、松本に「ペヤング(カップ焼きそば)とか食べるんですか?」と聞かれた大地は、「ペヤングって何でしたっけ?」と答え、スタジオを驚かせた。

その他に「フルーツやコラーゲン」を意識して摂取することも心がけているようだ。

■大地の食事にネットの反応は…

ネットでは、「贅沢しすぎ」など否定的な声が目立つ。

大地真央、1万円のスープとか贅沢しすぎだろ
日本人たるものコメと味噌汁食ってりゃええんや

— かつサンド (@giants24vic) July 1, 2017

大地真央が8,000円する漢方スープ飲んでたり、毎朝ツバメの巣入りスムージー飲んでるのを「ストイック」って表現するの違和感しかねぇ
ブルジョワの間違いだろ笑

— 葡萄@武道館さん (@masukatto1018) June 30, 2017

■「若く見られたことある」は60代で1割

現代では、年をとっても美人である「美魔女」と呼ばれる人たちも多く存在している。

しらべぇ編集部は全国20代〜60代男女1,365に「数年前と比べて、今のほうが若く見られる」という調査を行った。

©sirabee.com

その結果、大地と同じ60代女性でも10%の人が、「今のほうが若く見られる」と回答した。

「エイジングケア化粧品」など「アンチエイジング」を売りにする商品が増えてきているが、美しさを保つためには、食生活に気を使い体の中からアプローチをすることも必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→努力の結果? 昔は老けて見られていた人が若く見られる理由

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日〜2016年4月25日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名?(有効回答数)

関連記事(外部サイト)