「ファンタ宣伝部長」就任の菅田将暉 人生初の「名刺ゲット」で満面のドヤ顔

「ファンタ宣伝部長」就任の菅田将暉 人生初の「名刺ゲット」で満面のドヤ顔

「ファンタ宣伝部長」就任の菅田将暉 人生初の「名刺ゲット」で満面のドヤ顔

©sirabee.com

7月1日、都内某所で「ファンタ宣伝部設立&ファンタ宣伝部長・菅田将暉 就任式」が開催された。

©sirabee.com

菅田将暉(24)の他、宣伝部員として17歳の双子モデル・りかりこやYouTuberグループ・アバンティーズが駆けつけた。

■菅田将暉、人生初の名刺ゲット

©sirabee.com

壇上に上がった菅田は、就任記念に作られた巨大名刺に驚きが隠せない様子。

「名刺をお持ちになったことはありますか?」との質問には、「生まれて初めて持つことになります。大人になった気分ですね」と嬉しげに答えた。

通常、芸能人は自ら名刺を持つことは少なく、関係者とはマネージャーが名刺交換するためだ。

■宣伝部の初任務は「早口言葉」

©sirabee.com

会場には、ファンタすもも味を記念した早口言葉が用意され、りかりこやアバンティーズ、さらに宣伝部長の菅田が挑戦。

©sirabee.com

自信満々だった菅田は、ちょっと怪しいながらも言い切ったものの…

©sirabee.com

しかし、判定では意味がわからない。須田は「文明の進化がすごい。人間の耳では聞こえないものが機械は認識しているようだ」としみじみと語った。

©sirabee.com

■喜びのあまりか「ドヤ顔」に

©sirabee.com

さらに記者が「ドヤ顔をください」と声をかけると、すごい眼力でこちらを見つめてくれた。さすが、若手演技派として高く評価されるだけのことはある。

また「ファンタについての思い入れ」との質問には、「CMに出演してから、友人が『ファンタ送れ!』と言ってくることが多い。全員に『自分で買え』と返しています」と冗談っぽく笑った。

©sirabee.com

「カメレオン俳優」とも呼ばれ、演技力に定評がある菅田。テレビCMなどでも魅力ある演技が期待できそうだ。

・合わせて読みたい→三吉彩花がバースデーサプライズで号泣 「20歳超えてから涙腺がゆるくなった」

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ)

関連記事(外部サイト)