おとなしい性格が仇に…倒れている人を前になにもできず

おとなしい性格が仇に…倒れている人を前になにもできず

おとなしい性格が仇に…倒れている人を前になにもできず

(Michael Blann/DigitalVision/Thinkstock)

事故や急病などで倒れている人に遭遇する可能性は、誰にでもある。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の人が倒れている現場に遭遇したことがある男女369名に「緊急時の対応について」の調査を実施。

「人が倒れていたのになにもできなかったことがある」と答えた人は、全体で51.8%と半数を上回る結果になった。

■どうしていいかわからずあとで後悔

年代別では、20代から30代の若い年代で割合が多くなっている。

©sirabee.com

そのときはなにをしていいか頭に浮かばず、後悔をする人が多いようだ。

「どうしていいかわからなくて、ただ見てただけ。後から罪悪感でいっぱいなり、今でも思い出す」(20代・女性)

「救急車を呼んだ人はいて、他にできることがわからなかった。状況を確認して心臓マッサージなど、できることはいっぱいあったなと後悔している」(20代・男性)

■人見知りで勇気が出ずに…

職業別では、無職・家事手伝いが6割を超える多い結果である。

©sirabee.com

同じく家にいることが多い専業主婦(夫)と比べると大きな差があるが、性格の違いが大きいようだ。

「もともと人見知りが激しくて、前に出るタイプではない。そんな緊急時でさえ、人見知りを発揮してしまうのが情けない…」(30代・男性)

なにもできないのは、自分だけではなかったとの声も。

「私もなにもできなかったけど、周囲の人も見ているだけの人ばかり。だからといって、自分がなにもしないことが許されるわけではないけど」(40代・女性)

誰かが声をかければ、協力してくれる人がたくさん現れるはず。命を救うためにも、勇気を出したいものである。

・合わせて読みたい→人気アニメのライブ終了後に急病人 一致団結したファン達による「救出劇」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の人が倒れている現場に遭遇したことがある男女369名(有効回答数)