『黒革の手帖』放送開始前なのに…「またやるの?」の声多数

武井咲主演ドラマ『黒革の手帖』、過去に米倉涼子も演じており「またやるの?」の声も

記事まとめ

  • 7月20日から、テレビ朝日系にて武井咲主演ドラマ『黒革の手帖』が放送開始となる
  • 本作は何度も映像化されている人気作品で、2004年には米倉涼子バージョンが放送された
  • ネット上では「また『黒革の手帖』やるの?」という声が少なくないという

『黒革の手帖』放送開始前なのに…「またやるの?」の声多数

『黒革の手帖』放送開始前なのに…「またやるの?」の声多数

『黒革の手帖』放送開始前なのに…「またやるの?」の声多数

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

7月20日から、テレビ朝日系にて武井咲主演ドラマ『黒革の手帖』が放送開始となる。

勤め先の銀行から大金を横領し、それを元手に銀座でクラブを立ち上げる悪女・原口元子の生き様を描いた作品だ。

■ネットでは「またやるの?」との声も

不朽の名作を人気女優の武井咲が演じるということで話題性もバツグンの本作だが、気になることも。ネット上では「また『黒革の手帖』やるの?」という声が少なくないのだ。

黒革の手帖
また新作やるの…

― 61式さとう浩司 (@sugark10) 2017年7月3日

また「黒革の手帖」やるんだなー
今回は武井咲ちゃん主演なんだけど
米倉涼子さんほど悪い女感がしないので
心配、あんど楽しみ#黒革の手帖

― あい (@_ai_love_) 2017年7月3日

たしかに、本作は何度も映像化されている人気作品。スペシャル版も含めれば、今までにテレビ朝日で4回、TBSで1回ドラマ化されており、とくに2004年に放送された米倉涼子バージョンは、印象に残っている人も多いだろう。

この件について、しらべぇ編集部では世の本音を探ってみることにした。

■4割が「ドラマ化はもういいかな」

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1342名に調査を行なったところ、「『黒革の手帖』はもうドラマ化しなくてもいいと思う」と答えた人は全体の4割強。

半数には及ばないものの、なかなか多くの人が「もうさすがにいいんじゃない?」と思っている現実が浮き彫りになった。

■40〜50代のマダムは半分が該当

©sirabee.com

また、女性だけで見ると40〜50代の半数が「もうドラマ化しなくていい」と回答。13年前の米倉版に熱狂した人も多く含まれると思われるが、だからこそ「楽しい思い出のままで終わってほしい」と思うのかも。

一方、20代は4割未満と比較的低い数値に。武井のファン層ともかぶるだけに、まだ期待が持てる層と言えそうだ。

このようになかなか厳しい声が多い本作。先日、しらべぇドラマ班が取材したウェブコンサルタントの男性からも「SNSでの宣伝が下手」との指摘が出ており、不安の残るスタートになる可能性は高い。

しかし、一方で「松本清張」という、最強のブランドがあるのもまた事実だ。上記の調査結果を覆すような出来の良さになることを願いたい。

《『黒革の手帖』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒夏ドラマのSNS戦略を専門家が採点 「『黒革の手帖』は論外」

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
?調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)