岡田将生が「大嫌いな人」を実名告白 最悪の仲だったという俳優Mとは

岡田将生が「大嫌いな人」を実名告白 最悪の仲だったという俳優Mとは

岡田将生が「大嫌いな人」を実名告白 最悪の仲だったという俳優Mとは

(画像はTwitterのスクリーンショット)

人間誰しも、性格の違いから反りが合わない人はいるだろう。絶縁とはいかないまでも、距離をとる関係になりがちだ。

2日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で俳優・岡田将生(27)が明かした「嫌いだった相手」が話題を呼んでいる。

■グイグイくる溝端が苦手だった

岡田が語ったその相手とは、俳優の溝端淳平(28)。ドラマで共演したことで大嫌いになったという。

溝端はガツガツと前に出る性格だったため、後ろで静かにいたいという岡田とは性格が合わなかったようだ。

全然仲良くなれないままそのドラマを終え、「やっと終わった」とホッと息をついた岡田。しかし、次のクールのドラマでも共演することになったそう。

「また一緒だ。やだな…」という岡田だったが、その年に4回も共演するハメになったという。

しかし、岡田はこれらの共演が終わってもグイグイと前に出る溝端を見て「この人はこういう人なんだ」と受け入れ始め、それからは「好きになっちゃった」と語り、仲も良いとのこと。

■今では仲良しになったふたり

溝端もこの件について言及し、「当時は仲が悪かった」と語る。今では飲みに行くようになり、互いが奢り合うほどの仲に。

しかし、当初は1円単位まで割り勘をしていた岡田だったが、溝端によれば、今では「次は絶対払うから奢ってよ」と溝端に支払いをお願いし、そのままにしている貸しが3つもあることを暴露された。

■最初は苦手でも仲良くなれる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代男女1,352名に「苦手な相手」について調査したところ、4割弱が「仲良くなったことがある」と回答。

©sirabee.com

最初は苦手と思っていても、相手を受け入れる人は少数派ながらもいるようだ。

苦手な相手と会わないまま絶縁している人も少なくないだろう。そういう意味では、無理矢理でも会わなければならない仕事での関係は大切なのかも。

・合わせて読みたい→実写『銀魂』桂小太郎役・岡田将生が「美しすぎる」とファン絶賛

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2016年3月18日〜2016年3月22日
対象:全国20〜60代の男女1352名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)