佐藤二朗、昭和に関する息子の質問に傷心 「きょうりゅう、いた?」

佐藤二朗、昭和に関する息子の質問に傷心 「きょうりゅう、いた?」

佐藤二朗、昭和に関する息子の質問に傷心 「きょうりゅう、いた?」

(画像はTwitterのスクリーンショット)

6月に天皇陛下の退位における特例法が成立し、約200年ぶりに生前退位が行われることになった。2018年末頃に皇太子さまへ正式に譲位され、元号も新しく変わる予定だ。

「平成も過去のものになるのか……」と平成生まれの人にとっても感慨深い瞬間になりそうだが、そんな中、個性派俳優の佐藤二朗の「昭和に関するツイート」が話題になっている。

■息子の悪意なき暴言 「昭和に恐竜いた?」

2日のツイート。息子とのエピソードについて綴られたもので、「しょうわいちねんに、きょうりゅう、いた?」という発言に動揺する彼の様子が描かれている。

「昭和」ってね、君の父や母や祖父や祖母が生まれた時代でね、そんな大昔でもないのだよ。だから息子よ。「しょうわいちねんに、きょうりゅう、いた?」って聞くのやめれ。

― 佐藤二朗 (@actor_satojiro) 2017年7月2日

この投稿はすぐに注目を集め、程なくして3万リツイートを突破することになった。

■昭和を大昔と勘違い 体験談続々

この投稿に対しては、ネット民からさまざまな昭和エピソードが寄せられることに。どれも、昭和を遥か大昔と勘違いした子供たちによる、悪意なき発言(暴言)だ。

・娘が学校の授業で習ってきたらしい。「昔、昭和っていう時代があったんだって。知ってる?」 あぁ…知ってるさ…

・私も「昭和生まれだよ」と言うと「戦争大変だったの?」と言われたことあります←62年生まれ

・平成5年生まれの娘が職場で小学低学年の男の子に『ねえちゃんのちいさいころのテレビ…しろくろ?』て聞かれて娘が半ギレした話思い出しましたwwwww

・お母さんの時代は冷蔵庫はあったの? って聞いた私より強者がいたわね(^_^;)

・うちは、小学校の宿題で、娘から「川で洗濯した?」って訊かれた。「川で洗濯板とタライで洗濯したことはないし、冷蔵庫もTVもありました!」

■タイムマシンがあれば恐竜を見たい?

©sirabee.com

なお、しらべぇ編集部が行なった調査では「タイムマシンがあれば行ってみたいのは未来より過去だ」と答えた人は全体の51.7%。「恐竜を見てみたい」と思う人もこの中に多く含まれていることだろう。

・合わせて読みたい⇒真木よう子ツイッターがヤバすぎる 「下ネタリプ」にも丁寧に返信

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20〜60代の男女1332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)