最強の味方! 学校でイジメられた時に親にされて嬉しかったコト

最強の味方! 学校でイジメられた時に親にされて嬉しかったコト

最強の味方! 学校でイジメられた時に親にされて嬉しかったコト

(AH86/iStock/Thinkstock)

本来は、友達と楽しく過ごせるはずの学校。しかし集団で行動する場では、いじめが発生しやすいため、中には標的になってしまう子も…。

そんな時に、親の対応ひとつで、子供をいじめから救ってあげることもできるようだ。

しらべぇ取材班は、「学校でイジメられた時に親にされて嬉しかったコト」を調査してみた。

(1)「やられたらやり返していい!」と味方をしてくれる

「小学生の時に、男子に殴られるいじめを受けていたんですが、担任の先生は無関心どころか、『あなたが何かしたんでしょ?』と私を疑ってくる始末。

ある日、その暴力行為を母親が知ったら『今度、その子に殴られたらやり返していい! 暴力を振るわれたら自分で自分を守ることも大事!』と教えられて。

学校にも『やられたらやり返せと教えたので、娘が殴り返しても怒らないでくださいね』と、電話をして守ってくれました。おかげで強くなりましたね」(女性・26歳)

(2)多額の入学金や授業料を諦めて、すぐに転校させてくれる

「私立のお嬢様学校に通っていて、入学金だけでも100万円超えだったんです。そんな学校で、中学一年生の半ばに学年全体からイジメられる…という事態に。

女子校でお金持ちの子の集まりだったので気も強く陰湿だったし、先生も手をつけられない状態で。それを見た両親は、すぐに『学校やめよう』と、転校手続きを…。

当時は気づきませんでしたが、大人になれば、裕福な家庭でもないのに100万円の入学金や支払った授業料などをスッパリ諦めて転校させてくれた親はすごいな…と感謝です」(女性・29歳)

??およそ2人に、1人がいじめ経験者!

しらべぇ編集部は20代〜60代の男女1,381人に過去に1度でも、いじめられたことがあるか」を調査したところ、約半数の人が「ある」と回答。

©sirabee.com

イジメでは戦うことと同様に、逃げることも重要になるだろう。自分の子供がいじめ被害にあった時には、なにが最善策かを考えてあげたい。

・合わせて読みたい→「あだ名がブス」でもいじめじゃない? 女子のグループが怖すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年10月23日〜2015年10月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,381名

関連記事(外部サイト)