デニス植野の数々の嘘エピソードにドン引き 「話を盛る人の特徴」に共感の声

デニス植野の数々の嘘エピソードにドン引き 「話を盛る人の特徴」に共感の声

デニス植野の数々の嘘エピソードにドン引き 「話を盛る人の特徴」に共感の声

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

ブラジルと日本のハーフ芸人として一世を風靡したお笑いコンビ・デニス。とくに植野行雄(35)の持ち前のブラジルネタはブレイクをするきっかけでもあり、見た目を活かしたエピソードトークなどが大きな話題を呼んだ。

しかし、2日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!』(テレビ朝日系)で明かされた、たくさんのウソにネットが騒然としている。

■「視聴者への裏切り行為」にドン引き

番組では、「道を踏み外した芸人スペシャル」を放送。植野は、これまで視聴者たちについてきたという数々のウソを告白した。

・イラン人同士のケンカに巻き込まれた

・運動会の組体操でピラミッド横のスフィンクスをやった

・親戚がアイルトン・セナのタイヤを交換した

という、鉄板の爆笑エピソードだが、すべてウソだったという。

ブラジルエピソードが爆笑を呼ぶ一方、さまざまな番組関係者の「他で話していないエピソードありますか?」という一言に怯えてしまい、暴走したかのようにウソをつきまくってしまったよう

そして、これらのウソ発言は業界関係者に知れ渡り、テレビ番組の出演本数が激減したようだ。

■ウソは身を滅ぼす

植野によれば、ウソつき人間が出来上がるまでには3つのステップがあるという。

(1)努力せずにおいしい思いをしてしまう

(2)その場しのぎで話を盛る

(3)追い込まれて思わずウソをつく

結果、自身のキャラ設定をも見失い、関係者からも「ヤバイやつ」として番組に呼ばれなくなってしまったという植野。「ウソは必ずボロが出る。そして、自分の将来をボロボロにする」と当時を後悔した。

■話を盛る人にありがちな特徴

番組では、話を盛る人の特徴として

・大きな声で話す

・オーバーリアクション

・承認欲求を満たされていない

ことが挙げられる。放送を受け、ネット民からも「ついついやってしまう」という声が見られた。

■虚言癖の友達はイヤだ?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「虚言癖の友人」について調査したところ、1割強が「関係に悩んだことがある」と回答。

©sirabee.com

少数ながらも、ウソつきの友人との交友関係に悩んでいるはいるようだ。

「自分を良く見せたい」という軽い気持ちから大ウソに発展することもある見栄の問題。ウソをつくことは誰にでもあるが、人に迷惑のかけるウソは控えたいものだ。

・合わせて読みたい→Mrマリックが壮絶な家庭崩壊を語る 「娘との関係修復」に視聴者号泣

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)