みやぞん、病弱だった幼少期を救った「大物映画スター」の名を告白

みやぞん、病弱だった幼少期を救った「大物映画スター」の名を告白

みやぞん、病弱だった幼少期を救った「大物映画スター」の名を告白

数々の人気番組に出演し、周囲を幸せにする笑顔と個性的なキャラクターでファンを獲得しているお笑いコンビ、ANZEN漫才・みやぞん(32)。

みやぞんが「いつも笑顔」でいる理由、そして病弱だった彼を救ったのが、ハリウッドに進出し世界を舞台に活躍するアクションスターのジャッキー・チェン(63)だと告白し、話題となっている。

(画像はTBS公式YouTubooからのスクリーンショット)

■ジャッキーに励まされた幼少期

3日深夜に放送された『オー!マイ神様!!』(TBS)に登場したみやぞんが「神」と尊敬するジャッキーとの出会いは、小学校にまでさかのぼる。

幼少期は未熟児、小学生になってからも病弱で学校を休みがちだったみやぞんを励ましたのが、ジャッキーの出演したカンフー映画。

作品の根底にあるユーモア、コメディ要素を取り入れた明るいカンフー映画にみやぞんは救われたのだ。

足を複雑骨折したときには、ジャッキーの映画で元気をもらい、通常より早く骨折が治ったと目を輝かせて語った。

■ジャッキーが人生を決めた

みやぞんは子どものころから、憧れのジャッキーのマネばかりしてきたという。ジャケットやイス、周囲のあらゆるものを武器にして戦う姿に刺激を受けたみやぞんが、最もマネをしたのは「人」を棒状の武器と見立てて振り回すこと。

さらにカンフーの修行シーンをマネした結果、「130q以上の投球」「その場で逆立ち」など身体能力も向上。

さらにナインティナイン・岡村隆史(47)がジャッキーと共演したのを見て、「芸人になればジャッキーに会える」と芸人を志す。

「ジャッキーと会えればお役目御免ですね。一つの意味(夢)が叶う」と芸人引退すら匂わす発言をし、周囲を驚かせた。

■いつも笑顔で

みやぞんは、映画の中の「いつも笑顔で」という言葉に感銘を受け、「笑顔でいたら切羽詰まったシーンでも怖くない」と自身もいつも笑顔でいることを決意した。

(画像はトミタ栞Instagramからのスクリーンショット)

同世代で同じくジャッキーファンのカズレーザー(33)は「誰の心にも響く言葉」、ゲストのミュージシャン・トミタ栞(23)も「笑顔を意識しているみやぞんさんが素敵」と絶賛。

■視聴者も共感と賞賛

視聴者の感想をしらべぇ取材班で調査したところ…

みやぞんの考えすげえなあ

— 夜明け (@PACCBET06) July 3, 2017

芸人のみやぞんさん根が良い人なんだろなーってなんとなく思ってたけど、ジャッキー好きだと知って好感度更に上がる

— ダン (@d_6956) July 3, 2017

ジャッキーのこと話してるときのみやぞんが急に論理的になってて面白いwww

— 茶民 (@chamin_12) July 3, 2017

みやぞんの人柄の良さ、常に笑顔でいる理由を知った視聴者は素直に賞賛の声をあげていた。

スターへの道を着実に歩むみやぞんの視線の先には、ジャッキー・チェンがいる。いつか2人が共演を果たす日が今から楽しみだ。

・合わせて読みたい→みやぞん「じゃないほう」・あらぽんの家について行くドッキリに視聴者感動

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)