ビビアン・スーが仕事と家庭で疲れ切った姿を投稿 「疲れた母は美しい」の声

ビビアン・スーが仕事と家庭で疲れ切った姿を投稿 「疲れた母は美しい」の声

ビビアン・スーが仕事と家庭で疲れ切った姿を投稿 「疲れた母は美しい」の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)の音楽ユニット「ブラックビスケッツ」などで活躍した、台湾出身タレントのビビアン・スー(42)。

最近では、仕事と家庭を両立させているママとしても認知されているが、4日に更新されたブログが話題になっている。

■疲れきった母親のリアル

「家庭と仕事両立の母親はこんな感じです」というタイトルでブログを投稿。「母親が疲れ切ってる顔は見たことあります?」と、髪の毛も乱れ、疲労感の見える表情の写真をアップした。

ビビアンは「子供の成長期は一回だけ。十年後に子供と一緒に過ごした時間を沢山失ったと悲しむより、何かを犠牲してしまっても、今を大切にする!」とコメント。

仕事と家事で忙しくても、子供と過ごす家庭の時間は惜しまないという、家庭をもつ働く女性としての強い意志のようだ。

また、投稿には「これよりリアルな写真はないかも」「家庭と仕事両立の母親」というタグが付けられている。

■疲れた姿も美しい

飾らないリアルな母親の姿に、ネット民からは「美しい」という声が。

・こういう姿が一番ステキだと思う。頑張ってほしい!

・子育てを頑張っているお母さんって本当の意味で輝いて見えるから不思議ですね

・疲れ切っていても、一生懸命に頑張ってる人は、とっても綺麗! 私の母も、いつも部屋着でスッピンで、髪の毛ボサボサでしたが、笑顔が綺麗でしたよ! 子供は見ています。母親には敵いません!

・子育ては疲れきるものだもの。それでもビビアンはいつまでも素敵。疲れた顔のビビアンも人間らしくて大好き

■「女は家事すべき」はもう古い?

目まぐるしいほどに多忙な毎日を送っているであろうビビアン。今や、仕事と家庭の両立は珍しい話ではない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「夫婦のあり方」について調査したところ、「男は仕事、女は家事すべき」と回答したのは2割という結果に。

©sirabee.com

時代の流れを考えれば当然ともいえるか。「女性は家事をすべき」という性別による役割付けを考えている人は今や少数派のようだ。

ビビアンを見て「疲れたママは美しい」という意識が芽生えた母たちも少なくなさそうだ。

・合わせて読みたい→中居正広が思春期男子の気持ちを代弁 「母親は金と飯だけくれりゃいい」に称賛の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)