船越英一郎と松居一代の泥沼展開 「リアル火曜サスペンス劇場」の声

船越英一郎と松居一代の泥沼展開 「リアル火曜サスペンス劇場」の声

船越英一郎と松居一代の泥沼展開 「リアル火曜サスペンス劇場」の声

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

しらべぇ既報のとおり、船越英一郎(56)が妻・松居一代(60)に離婚調停を申し立てたことが明らかに。

泥沼が予想される一連の騒動にネット民も騒然としている。

■ドラマのような展開

騒動の発端は松居の「1年5ヶ月にわたって尾行されている」というブログから。逃亡生活を送っているという、半ば常軌を逸した内容に世間は騒然とし、松居に大注目。

そこへ、動画サイトYouTubeをつかって船越の「バイアグラ不倫」を暴露した松居。

そして、そのタイミングで船越からの離婚調停の申し立てというまるでドラマのような激動の状況に発展していた。

■カンニング竹山も大歓喜

この様子に、お笑い芸人・カンニング竹山(46)は5日の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でコメント。

第三者である野次馬という視点から「怒られるかもしれないけど、このドラマが今期一番面白い。夢中。次も観たいですねこのドラマ」と楽しんでいることを明かした。

■「リアル火サス」の声

カンニング竹山も注目している一連の騒動だが、ハラハラドキドキする展開にサスペンスを感じた人もいるだろう。

船越といえば2時間ドラマ『火曜サスペンス劇場』(日本テレビ系)に数多く出演したことから「火サスの帝王」と呼ばれていた。

ネット民からも船越のおかれている状況から「リアル火サス」という声が。

船越英一郎の私生活が一番サスペンスだった。

— ショート・ローリングストーン (@syorolist) July 5, 2017

松居一代さんの件、リアルガチでサスペンス劇場壮大に展開してるじゃん… 船越英一郎さんは、2時間サスペンス劇場の常連で、何度も犯人を崖に追い詰めるサスペンスの帝王だが、私生活でもホントにサスペンス劇場になるとは、思いも知らなかっただろう…

— 特急! 富士川1号 (@Fujikawa_no1) July 5, 2017

犯人を散々崖に追い詰めてきた船越英一郎が最終的に松居一代に崖に追い詰められて、今までの二時間サスペンスはこのラストに向かうための前フリにすぎなかったという、超ロングスパンのサスペンスだったという世にも奇妙的な結末を迎えるのではないか、これは。

— 阿弥陀 (@pitapitapants) July 4, 2017

■サスペンスの醍醐味は犯人探し?

しらべぇ編集部が全国20〜60代のサスペンスドラマを観たことがある男女1,020名に「サスペンスドラマの視聴方法」について調査したところ、6割が「犯人を予想しながら観る」と回答。

©sirabee.com

もし一連の騒動を竹山と同様、ドラマのように見ている人はもしかすると「犯人はどちらか」という目線で見ているのかもしれない。

はたして、崖に追い込まれているのは松居、船越どちらなのだろうか。火サスファンとしても見守りたいものだ。

・合わせて読みたい→松居一代がツイッターを開設 「ネット使いこなしてて怖い」と困惑の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日〜2016年12月19日
対象:全国20代〜60代サスペンスドラマを観たことがある男女1,020名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)