「復帰してほしくない不祥事有名人」ランキング カンニング竹山が世間にキレる

「復帰してほしくない不祥事有名人」ランキング カンニング竹山が世間にキレる

「復帰してほしくない不祥事有名人」ランキング カンニング竹山が世間にキレる

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

なにかと多いと言われる芸能界の不祥事には、怒りを覚える人もいるだろう。中には「二度と復帰しないでほしい!」と強い思いをもつ人まで。

5日放送の『マジガチランキング』(AbemaTV)で、10代男女のリアルな思いが明らかになった。

■復帰してほしくない芸能人

番組では「復帰してほしくない不祥事を起こした有名人」について街頭インタビュー。

第3位はタレント・ベッキー(33)。「ゲス不倫」のイメージは未だ根強いのだろう、「髪を切って反省したっていうのを見せるだけなのはダメ」「見る目が変わっちゃう」という意見が。

第2位はお笑い芸人・狩野英孝(35)。6股や未成年淫行など性に関して問題の多いイメージがあるが、「反省していない」「別にもう出てこなくていい」と辛辣な指摘も。

そして第1位はゲスの極み乙女・川谷絵音(28)。ベッキーとのゲス不倫で一躍有名になったが、「反省の意思が見えない」「違う女の人と付き合って、それはないと思った」という声が。

いずれも「反省の色が見えない」という声があがった。

■品行方正は間違い?

この結果を受け、MCのカンニング竹山(46)は「清廉潔白なやつがテレビに出てたらみんなつまんないから」と発言し、トップ3の芸能人たちをフォロー。

さらに「真面目で『何にもないです』って言うやつが出てるテレビは面白くない」と、昨今の芸能人に対する品行方正にすべきという意見に反論した。

そして、ベッキーについて聞かれた竹山は「もう許してもいいと思うんだけどなあ」と、感想を述べた。

■川谷の不人気ぶりは…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,340に「今でも復帰を良く思えない芸能人」について調査したところ、4割が「川谷絵音」と回答。

©sirabee.com

やはりゲス不倫は世間に大きな悪印象をもたらしたようだ。

人気商売である以上、過ちによってその後の芸能活動に大きく関係する。果たして彼らが視聴者たちに許される日は来るのだろうか。

・合わせて読みたい→「ルックスがイマイチだと思うジャニーズ」ランキング リアルな結果に竹山も必死のフォロー

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,340名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)