まるで保護者! 『鉄腕DASH』山口達也の「ミツバチ愛」に驚きの声

まるで保護者! 『鉄腕DASH』山口達也の「ミツバチ愛」に驚きの声

まるで保護者! 『鉄腕DASH』山口達也の「ミツバチ愛」に驚きの声

(imacoconut/iStock/Thinkstock)

9日放送の『ザ!鉄腕!DASH』は、東京・新宿区に自然を復活させるプロジェクト「新宿DASH」を放送。

「最強のポリネーター(送粉者)」を探すべく、城島茂と山口達也が新宿御苑を散策することに。

■絶滅危惧種を2つも発見

早速「最強のポリネーター」を探すべく雑木林に入った2人は、絶滅危惧種の「ヒメトラハナムグリ」を発見。東京23区では姿を消したといわれる生き物が、姿を現す。

さらに探索を続行すると、今度は石の裏からなにやら小さな生き物が。専門家によるとこれはニホントカゲの一種で、ヒガシニホントガケと呼ばれているそう。これも東京都内では絶滅危惧1類に指定されている。

わずか番組開始15分で絶滅危惧種を2つも発見するという奇跡を起こした。

■山口達也が突如野生化し「ポリネーター」を発見

ところが、2人が求めているのは絶滅危惧種ではなく、あくまでも幻のポリネーター。しばらくすると山口が「ハチミツ匂いしません?」とポツリ。DASH村で鍛えた野生の勘が復活したのだろうか。

専門家ですら気が付かない嗅覚で、匂いをたどると、どんぐりの一種「マテバシイ」の花を発見。そしてそこにいたのが、「ニホンミツバチ」。これが最強のポリネーターの正体だった。

■蜂の巣の「欠陥」を一目で指摘

福島DASH村でニホンミツバチの飼育に挑戦していた山口は、生態系も把握しており、思い入れもひとしおのよう。ハチの巣に目星をつけて見事に発見すると、「なんかおかしいな。これはキイロスズメバチ」と一目で巣の欠陥を指摘。

キイロスズメバチに捕まるニホンミツバチを見て、「これが嫌で嫌で仕方ない」と嘆く。さらに開口部が大きい状態について、「この巣の開け方はよくないですね」とダメ出し。その姿はもはや「ミツバチの保護者」と言っていい。

さらに調査した結果、このミツバチは「分蜂(新しい場所に巣を作ること)」が間近であることが判明。新宿ベース基地にミツバチたちを呼び込むべく巣箱を作ることに。

■ネット民は驚きの声

突如野生化しニホンミツバチの居場所を探り当てたこと、そして一目で巣の欠陥を見抜いた山口達也に、ネット民からは驚きの声が。

山口達也さんは熊さんなんだ。すごい嗅覚で蜜のある木を見つけた!蜂をみてニホンミツバチだと判り、蜂の行動と羽音を聞いて近くに敵のキイロスズメバチがいる事を専門家より先に語る…もし、世界が終わりそうになったら山口さんと行動を共にしたい#鉄腕DASH

— まみーごん (@manma5mama) July 9, 2017

ニホンミツバチの保護者になってる達也さん。
普通はハチ?!駆除?!ってなるのにどう考えても保護者。
さすが。

#DASH

— 紫鶴@裏切り墓地 (@sizuru_kousaka) July 9, 2017

達也がニホンミツバチの生態を把握しすぎてて怖いwww #DASH

— るなふぁて (@luna_fate) July 9, 2017

今DASHつけましたが、達也君どれだけ離れた距離からハチミツの匂い感知してるのΣ(^o^)

— MICHIKO (@LuvMichikoPeace) July 9, 2017

先週の放送では思わぬ「衰え」を見せた山口達也だが、蓄積された経験から来る「知識」は農業・漁業とわず豊富なものがあるようだ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代から60代のTOKIOを知っている男女1,209名に「TOKIOは別の道でも生きていけると思うか」聞いたところ、5割が「生きていける」と回答。

©sirabee.com

農業・漁業など知識をさらに広げつつある山口達也なら、ほかの道でも十分やっていけるはず。仮に解散騒動が起きても、心配はないだろう。

・合わせて読みたい→TOKIOはもう農業でも生きていける? 東北民の反応に驚き

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日〜2016年5月23日
対象:全国20代〜60代のTOKIOを知っている男女1209名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)