あのイメージが強すぎ! ほかの役を演じることに違和感がある俳優4人

あのイメージが強すぎ! ほかの役を演じることに違和感がある俳優4人

あのイメージが強すぎ! ほかの役を演じることに違和感がある俳優4人

(gpetric/iStock/Thinkstock)

7月は新ドラマのスタート期。各テレビ局が様々なストーリーを世に送り出し、「大ヒット」を狙う。

俳優にとっても、ヒット作に出演することは一種のステイタスだ。しかし、社会現象化するほどヒットすると、あまりにもその役のイメージが強くなり、後の俳優人生に影響が出るともいわれている。

そのような「1つの役のイメージが強すぎてほかの役を演じることに違和感を覚える俳優」がいる人は、どれくらいいるのだろうか?

■1つの役のイメージが強すぎる俳優がいる?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,363名に、俳優についてのイメージ調査を実施。

結果、「1つの役のイメージが強すぎてほかの役を演じることに違和感のある俳優がいる」と答えた人は全体で42.3%。さらに年代別でみると中高年が多く、50代の52.4%が「いる」と回答している。

最近は、芸能事務所が1つの役のイメージをつけないように配慮することもあるそうで、若者の割合が低いのは、そのような戦略が影響しているのかもしれない。

■1つの役のイメージが強すぎる俳優

具体的に「1つの役のイメージが強すぎる俳優」は誰なのか。ドラマ好きのBさんに聞いてみた。

(1)織田裕二(『踊る大捜査線』・青島俊作)

「織田裕二はなにをしても『踊る大捜査線』の青島に見えてしまいます。

『東京ラブストーリー』の「カンチ」や『振り返れば奴がいる』の「司馬」役もインパクトはありましたが、『踊る』以降は青島のイメージが強い。

本人は、それを嫌がってドラマや映画出演を渋ったと噂されていますが…」

(2)佐野史郎(『ずっとあなたが好きだった』・桂田冬彦)

「世の中にマザコンという言葉を浸透させた、佐野史郎の『冬彦さん』。彼がほかのドラマでシリアスな役を演じていても、やっぱり『冬彦さん』なんですよね。

ドラマはもう24年も前に放送されたものですが、いまだにマザコンの代名詞。本人的にどう思っているのかはわかりませんが、凄いことだと思います」

(3)木村拓哉(本人)

「『HERO』や『ロングバケーション』など数多くのヒットドラマに出演する木村拓哉ですが、良くも悪くもすべての役が『キムタク』。

仮に彼が『キムタク』な演技をやめたら、相当な違和感があるのではないかと…。ちょっと見てみたい気もしますが、人気の要因でもあるので、難しいのかな」

(4)渥美清(『男はつらいよ』・車寅次郎)

「ちょっと古いかもしれませんが、日本でもっとも『1つの役のイメージが強い俳優』といえば、渥美清さん。

実際はいろいろな作品に出演されているのですが、やっぱりあの顔は寅さん。ご本人もその意識があったようで、映画のヒット後は、ほかの作品に出ることに消極的になっていたと聞いています。

凄いと思う反面、『男はつらいよ』がヒットしなければ、もっと色々な役を演じる渥美さんが見れたのかもと思ったり。もう渥美さんのように、1つの役のイメージを大切にする俳優はでてこないでしょう。まさに国民的俳優です」

俳優の代名詞となる役ができるのはブレイクの証だが、あまりにもそのイメージが強くなるのも困りもののようだ。

・合わせて読みたい→実力の証? 見覚えあっても名前が思い出せない俳優4人

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日〜2017年2月26日
対象:全国20代〜60代の男女1363名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)