元野球部員が売春斡旋で逮捕の拓大紅陵が大会出場 その対応に賛否両論

元野球部員が売春斡旋で逮捕の拓大紅陵が大会出場 その対応に賛否両論

元野球部員が売春斡旋で逮捕の拓大紅陵が大会出場 その対応に賛否両論

(33ft/iStock/Thinkstock)

全国の高校球児が甲子園を目指して戦う、全国高校野球選手権地方大会が、各地で開幕。夢の舞台を目標に、鍛え抜かれた高校生たちが熱い戦いを繰り広げる。

彼らは「健全な肉体と精神を持った球児」として、しばしばメディアに取り上げられるが、その陰で毎年のように犯罪行為が発覚。当該野球部が「大会に出場するべきか、辞退すべきか」を巡り、たびたび議論される。

そんな事態が、今年も発生してしまった。

■野球部員が売春を斡旋

事件を起こしたのは、千葉県の名門・拓大紅陵高校。春夏通じて9回甲子園に出場し、準優勝したこともある強豪校だ。

そんな名門野球部の部員が陰で行っていたのが、なんと売春の斡旋。今年1月から2月にかけてTwitterで客を募り、少女と関係を持たせていたという。

斡旋した部員3人は、7月10日に警視庁が売春防止法違反で逮捕された。すでに3月に自主退学しているが、当時野球部員であったこと、寮で生活していたことなどから、学校や部の責任が問われている。

■辞退せず県予選に出場

拓大紅陵高校は事件発生を謝罪したうえで、11日から始まる千葉大会については「在学生には関係なく、夢を追って頑張っている」として、出場を辞退しないことを明言。

千葉県高校野球連盟もその方針を受け入れ、12日に行われた1回戦にも予定通り登場。初回に7点を取るなど猛攻を見せ、秀明八千代高校にコールド勝ち。2回戦に駒を進めた。

■対応に賛否両論

拓大紅陵側としてはすでに逮捕者が退学していること、在学生には「関係ない」ことを大会出場の根拠としているが、過去には部員の喫煙や暴力行為で出場を辞退している高校もあり、「おかしい」という指摘が。

また、「売春の斡旋」はかなり悪質な犯罪であるだけに、出場について数多くの批判が存在する。

昨日のニュースですが拓大紅陵高校の野球部が援助交際をあっせんしていた話ですがその中にはレギュラーメンバーも含まれていた。
高校野球はあくまで教育の一環です。野球を通じて社会の勉強をする。一人が迷惑かけると連帯責任で出場辞退せざるを得ないこともある。

— 竹内寿 (@3Hisashi) July 12, 2017

拓大紅陵高校の森章校長、売春あっせんをした元野球部生徒に、夢を追いかけて「これを乗り越えてほしい」
は?乗り越える?被害者ですか?
あまり男尊女卑なんて言葉は好きじゃないが、こいつは女性を舐めてる、ふざけるな

— 七兎しろ@工藤忍P (@siro_vais) July 11, 2017

拓大紅陵 生徒逮捕されたんだ。
それでも野球出るっていいね~

— えんどぅー'@() (@AyaHorn1014) July 11, 2017

拓大紅陵辞退しないのかあ。俺の母校なんか売春斡旋なんかしてないけど不祥事で即対外禁止1年普通に食らってたぞ。

— 長弘涼 オリックス (@nagahiro_ryo57) July 11, 2017

一方で、「在学生には関係ない」「真面目にやっているのだから出るべき」という声も。

拓大紅陵の売春あっせん事件。
クソな事件だけど、部員丸ごと変な目で見ないでほしい。多くの部員は真面目に野球やってる。こーゆー事件が起こるたびに思う。バカは極々一部の生徒なんだからさ。

— ??*.mika♪:*° (@sunsunsun___333) July 12, 2017

うわー拓大紅陵マジかよ。
ダメなことだけど、ここまできて出れないとかは止めてくれ。
出れないってなったら関係ない3年生は本当にかわいそうだ。
この件に関しては連帯責任なんてくそ食らえ?

— たくじ (@TKG75592796) July 10, 2017

部員が犯罪を起こした事実を考えれば、出場辞退が妥当と考える人も少なくない今回の事態。

しかし、「3年間頑張ってきた選手が、関係ない部員の不祥事で最後の夏に出られないのはかわいそう」という意見も根強い。

出場か、辞退か。あなたはどちらが適切だと考えるだろうか。

・合わせて読みたい→素手ノックは体罰? 野球経験者からは「普通」の声が出て議論に

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)