これが卒業制作!? 人気イラストレーター初制作アニメのクオリティがヤバい

これが卒業制作!? 人気イラストレーター初制作アニメのクオリティがヤバい

これが卒業制作!? 人気イラストレーター初制作アニメのクオリティがヤバい

(【自主制作】「劇場版アニメ『夢が覚めるまで』予告編」のスクリーンショット)

人気のイラストレーター・loundraw氏が、大学の卒業制作として作成したアニメ映像が13日に期間限定で公開され、「ぜひ作品化してほしいクオリティ」とTwitterなどで大きな話題になっている。

■「キミスイ」表紙絵を担当

loundraw氏は22歳。透明感溢れる画風で注目が集まる新進気鋭のクリエイターである。

2016年本屋大賞2位を受賞し、実写映画化が決定している『君の膵臓が食べたい』の表紙絵や、2017春アニメ『月がきれい』のキャラクターデザインを務めている。

住野よる氏の「君の膵臓をたべたい」の表紙が公開されました!
とても大切にしたい物語です。心を込めて描かせていただきました。
6/19日発売です! #君の膵臓をたべたい #小説 #新刊 pic.twitter.com/QCfSpUpOt1

— loundraw (@loundraw) June 2, 2015

■人は誰のために生きるのか「劇場版アニメ『夢が覚めるまで』予告編」

今回公開された1分45秒の動画は、架空の劇場版アニメ作品『夢が覚めるまで』の予告PVの体裁で作られた。アニメを作ったのは初めてとのこと。

公開を告知したツイートは1日足らずで5万リツイート、10万いいねを超え、大きな反響を呼んでいる。

卒業制作でアニメを初めて作りました。声を下野紘さんと雨宮天さん、曲をBUMP OF CHICKENさんにお願いしてお借りしました。お礼を言いたい方があまりに多いので改めて文章にします。
拙いですが、よろしくお願いします。https://t.co/Pa2tIFCV3J pic.twitter.com/flrlsJSE7C

— loundraw (@loundraw) July 13, 2017

物語は、地球の命運を握る”力”を持っていたために「世界のために犠牲になれ」と組織に狙われるユキと大学生ソウタの奇妙な生活を描く。壮大さと切なさを感じさせるストーリーだ。

なお、映画の公開日が9月31日と、存在しない日付にするなど、架空作品ならではの仕掛けもされている。

脚本・構成・キャラクターデザイン・原画・動画・背景・撮影をloundraw氏が担当。

声優には、『進撃の巨人』や『うたの☆プリンスさまっ♪』で人気の下野紘(37)と、アニメ版『東京喰種』や『一週間フレンズ。』のヒロインを演じた雨宮天(23)が出演。

楽曲はBUMP OF CHICKENの協力によって『angel fall』と『66号線』の2曲が使用されている。

音楽と映像の相乗効果で、思わず惹き込まれてしまうキラキラとした光と影の表現が美しく、卒業制作とは思えない本格的なクオリティといえそうだ。

■ネットの反応は?

「劇場版アニメ『夢が覚めるまで』予告編」を見た人たちから「感動した」「続きが見たい」の声が多い。

感動しました…!! どのシーンも美しい映像美で、とても刺激がありました。良い物を見させて頂きました… 無理なお願いかもしれませんが何かの形で商品化されるととても嬉しいです…!

― tarbo (@ex_tarbo) 2017年7月13日

わぁ(`;ω;´)凄い素敵です!!そしてこの作品を観れるなら是非観たいです!!

このちょっとの間で「え?どうなるの??続きは〜〜〜?!!」ってなりました(>_<;)

― しーたん (@shino06080115) 2017年7月13日

凄すぎる
loundrawさんの美しいイラストと鬱くしい世界にとても興味が湧いた
観たいなぁ

— アオイ (@pachab1103) July 13, 2017

また、loundraw氏の作品は知っていたが、学生と知らなかった人たちに「卒業制作」であることの衝撃を与えている。

loundrawさんお若いってのは知ってたけど大学生だったんだな…大学生でめっちゃプロで、卒制でクオリティーが映画並みの綺麗さで有名声優が声を付ける卒制…プロだからかもしれんが卒制ってとこだけ切り取るとなんかもう次元が違いすぎてなんかもうすごい 豪華な卒制

— ふろ (@ufu_fooooo) July 13, 2017

Loundrawさんが学生っていう衝撃がやばい

— ゆきょん (@Yukyoooon) July 14, 2017

彼はまだ22歳。これからどんどん成長していくことだろう。

これだけ反響の大きい『夢が覚めるまで』。完成版が観られる日が来れば、伝説的記録を残すようなアニメ映画になる可能性がありそうだ。

(文/しらべぇ編集部・モトタキ)