ゲス不倫があんなに叩かれても…高収入の容認派率が呆れるレベル

不倫について20〜60代の男女1357名に意識調査 年収1000万円以上の6割が不倫を容認

記事まとめ

  • 不倫について20〜60代の男女1357名に意識調査したところ、不倫容認派は38.2%だった
  • 男性は容認派が46.8%に対し女性は29.8%で、浮気よりも性別による意識差は縮まった
  • また、浮気と同じく年収と反比例し、年収1000万円以上では不倫容認派が6割となった

ゲス不倫があんなに叩かれても…高収入の容認派率が呆れるレベル

ゲス不倫があんなに叩かれても…高収入の容認派率が呆れるレベル

ゲス不倫があんなに叩かれても…高収入の容認派率が呆れるレベル

(liza5450/iStock/Thinkstock)

2016年の流行語大賞トップ10にもランクインし、多くのメディアで踊った「ゲス不倫」の見出し。芸能人でなくとも、社会的な信用を著しく下げると思うのだが…。

既に浮気に関する意識調査結果を報じたが、さらに不道徳な行為といえる不倫についてはどうだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代の男女1,357名を対象に「不倫する人をどう思う?」という意識調査を実施した。

■やっぱり高収入は

全体では「自分もそうだ」2.4%、「共感する」4.7%、「理解はできる」31.2%で、「不倫容認派」の回答をしたのは38.2%。

「浮気容認」派より2ポイント下がるものの、「自分もそうだ」が0.4ポイント上がっている。この0.4ポイントに該当する人は、「浮気じゃなくて本気」というロジックなのか?

一方、「違和感がある」26.5%、「おかしいと思う」35.2%の「不倫はダメ」派は6割を超す61.8%。

さらに男女別で比較してみると

©sirabee.com

男性は容認派が46.8%に対し、女性は29.8%と17ポイント差。

浮気では男性が5割を上回っていたが、さすがに不倫となると半数を割り込んだことで、若干ではあるが女生徒の意識差は縮まった形だ。

また、年収別で「浮気はダメ」派は年収に反比例していたが、やはり不倫も同じ結果が出るのだろうか?

©sirabee.com

浮気と比較すると、「不倫はダメ」派はやや増加しているものの、やはり年収と反比例する構図は変わらず。

年収1000万円以上は「不倫容認」派が6割という結果だが、芸能ニュースなどを見ていると、夫が一般人でも不倫をすると騒動になり、かなりダメージを受けているのを見ても、危機感を持たないのだろうか。

■慰謝料はしっかり

パートナーに不倫されたことがある人に話を聞いた。

「夫の不倫が原因で、離婚しました。取引先の女性で、相手も既婚者だったためにかなり大きなトラブルになって、どちらも会社にいられなくなったようです。正直、自業自得だと思うし、仕事がなくなるとか関係なく、慰謝料はしっかりもらいましたよ。

発覚当初は離婚になると思ってなかったみたいで、ひたすら謝っていましたけど、なんで許してもらえると思うのか、全然理解できなかったですね」(30代・女性)

「周りにはおしどり夫婦と思われていますが、夫が不倫をしています。しかも長年、とっかえひっかえですよ。(苦笑)最初にわかった時は、子供たちもまだ学校に行っていたこともあり、離婚する気にはなれなかったし、夫も『心を入れ替える』と言ったのですが、口先だけ。

世間体もあるし、稼ぎは悪くないので、このまま仮面夫婦で贅沢に暮らそうと割り切っています。ただ子供たちは、そんな父親を許せないようで、ほとんど口もきかない状態になっています」(50代・女性)

離婚した上に仕事を失う人もいれば、妻は割り切っても子供には許されない…といったケースも。

浮気と違い、不倫となると壊れるのは夫婦二人の関係だけではない。道を踏み外す前に、人生に大きなリスクを伴うことをきちんと考えるべきだろう。

・合わせて読みたい→高年収は容認派が多い?浮気に対する男女の意識差がスゴイことに

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)