写真を撮る枚数を調査!インスタグラマーに次いで撮影習慣が高いのは…

写真を撮る枚数を調査!インスタグラマーに次いで撮影習慣が高いのは…

写真を撮る枚数を調査!インスタグラマーに次いで撮影習慣が高いのは…

(RyanKing999/iStock/Thinkstock)

しらべぇの調査で、写真撮影を週1回以上すると答えたのは全体の3割と判明した。では、1週間では何枚くらい撮っているのだろうか。

編集部では、全国20〜60代の男女1,357名を対象に調査を実施した。

■1週間に何枚写真を撮影する?

週1枚以上撮影すると回答したのはその内の601名。その中で10枚以上撮影すると答えた人は30.6%。

フィルムからデジカメに変わったことで、枚数を気にせずにシャッターを切ることができるようになったことが要因だろう。

©sirabee.com

一方、4枚以下の少数だったのは5割。一度に何枚も撮るわけではないものの、コンスタントに写真を撮影している人も多いようだ。

■勝負下着ホルダーが

さらに集計してみると、写真共有アプリ「Instagram」のアカウントを持っていて、撮影枚数が10枚以上と答えたのは、持っていない人と比べて15ポイント高い27.1%。

インスタへの投稿が、写真を撮影するモチベーションのひとつとなっているようだ。

また、自分をリア充だと思っている人も写真撮影枚数が多くなる傾向にあり、週1枚以上は6割を超える。

そして、勝負下着を持っていると回答した人にも写真を撮る習慣が見られる。10枚以上撮る人の差は小さいが、「1〜9枚」の割合を比べてみると、勝負下着を持っていない人よりも25ポイントも多かった。

©sirabee.com

レジャーや特別な日を記録する役割から、いろんな日常を切り取る身近なものに変化した写真。

この夏は、好きなだけシャッターを切れるカメラやスマホにたくさん思い出を残すことを意識してみると、いつもの景色もまた違って見えてくるかもしれない。

・合わせて読みたい→初心者がデジタル一眼を買うときは『2年前の機種』を買うべき理由

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,34257名(有効回答数)