いとうあさこが失恋 親友・大久保佳代子の対応が「ヒドすぎる」と話題に

いとうあさこが失恋 親友・大久保佳代子の突き放す塩対応が「ヒドすぎる」と話題に

記事まとめ

  • 『中居正広の神センス塩センス!!』に、いとうあさことオアシズ・大久保佳代子が出演
  • 大失恋した大久保にいとうは親身に寄り添ったが、いとうが失恋した際は大久保は塩対応
  • 大久保は「話を聞くのがめんどくさかった」と本音をあらわにし、笑いを誘った

いとうあさこが失恋 親友・大久保佳代子の対応が「ヒドすぎる」と話題に

いとうあさこが失恋 親友・大久保佳代子の対応が「ヒドすぎる」と話題に

いとうあさこが失恋 親友・大久保佳代子の対応が「ヒドすぎる」と話題に

(画像はTwitterのスクリーンショット)

気の置けない親友と過ごす時間は心地良いもの。しかし、ときには仲が良いからこそイラッとすることもあるはずだ。

10日放送の『中居正広の神センス塩センス!!』(フジテレビ系)でのお笑い芸人・いとうあさこ(47)と、オアシズ・大久保佳代子(46)の確執が話題に。

■失恋を慰めるほどの大親友だが…

酒の量、つまみのセンス、疲れ具合、関節の軋み具合が同じ、という大親友のふたり。恋愛を相談し、傷を舐め合うこともあるようだ。

あるとき、大失恋した大久保は、2日に1回のペースでいとうの家を訪れるように。いとうも、手料理を振る舞い、大久保専用のパジャマを用意して朝まで話を聞くなど、親身に寄り添っていた。

その生活が2ヶ月ほど続き、ようやく失恋から立ち直った大久保。いとうが失恋したときは同じく寄り添う約束をした。

そして、ついにいとうが失恋。いとうは大久保に話を聞いてもらおうと連絡したが「ごめん、用事あったわ」と誘いを断り、一方的に突き放すようになったそうだ。

■大久保の塩対応はヒドい?

これについて、大久保は「同じ話を延々として。辛気臭いのなんのって」と発言。いとうも「オメーもずっと泣いていたからな」とバトル。

さらに大久保は、「失恋しているときは発情期」とし、友人ではなく男性がいる場所に行くべきと主張した。

また、スタジオからは「人それぞれ立ち直り方がある」「いとうの幸せを願ってあえて突き放した」と大久保を擁護する意見も。

それを受け大久保は「話を聞くのがめんどくさかった」と本音をあらわにし、スタジオの笑いを誘った。

■一般人の意見

この件について、Twitter上の意見を集めてみると…

・同じ話の繰り返しだったとしても、「うんうん」ってなんでも聞いてくれたらいいと思う

・いとうがかわいそう。自分が満足すれば他人はどうでもいいって客観的に思った

・女の子は結局聞いてほしいだけで、決断したり行動したりするのは自分次第

■友人の失恋は嬉しい?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「友人の失恋」について調査したところ、およそ2割が「嬉しいと感じてしまう」と回答。

©sirabee.com

親友と思っていても、もしかすると相手の心の中は「ざまあみろ」と感じているのかも…。

同じ墓に入ると言い合っているいとうと大久保。いつも一緒にいる親友でも、失恋まで寄り添ってくれるとは限らないようだ。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,336名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)