地元愛があっても…地方から上京し方言を続ける人は3割以下

「上京しても方言を続ける人」は26.3% 「親になるから」などで方言をやめる人も

記事まとめ

  • 「地方から上京したが、ずっと地元の方言を使っている」と答えた人は全体で26.3%
  • 若い頃は方言を貫こうと思うも、年を重ねるほどに方言を手放しているようだ
  • 親になるから、就職など、人生の節目で方言を止める人も多い模様

地元愛があっても…地方から上京し方言を続ける人は3割以下

地元愛があっても…地方から上京し方言を続ける人は3割以下

地元愛があっても…地方から上京し方言を続ける人は3割以下

(?ぱくたそ)

地元を裏切るのは嫌だけど、方言で笑われたくない。進学や就職で東京に出てきたときに、方言をどうするかは地方出身者にとって悩ましいところであろう。

■方言を続ける人は3割弱と少なく

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の地方から東京に移り住んでいる男女160名に、「方言について」の調査を実施。

「地方から上京したが、ずっと地元の方言を使っている」と答えた人は、全体で26.3%と少ない割合であった。

「すっかり、都会の人のように話している。生まれ育ったのは、周辺が山ばかりの田舎だけど」(30代・女性)

ずっと方言を使い続けている人は、わずかのようだ。

■若い頃は方言を貫こうと思うも…

年を重ねるほどに、方言を手放しているようだ。

©sirabee.com

若い頃は、都会に染まらないとがんばる人も多い。

「先に出てきた地元の先輩が、すっかり言葉が変わっていてショックだった。だから自分は、なにがなんでも地元の言葉を話してやろうと思っている」(20代・男性)

しかし年を重ねると、嫌でも染まってしまう。

「最初は方言でずっとと思ってたけど、だんだんと周囲に影響される」(40代・男性)

■親になるから方言を止める

また、結婚をしていない人のほうが、方言を使っているようだ。

©sirabee.com

子供ができたことで、方針を変えた人もいる。

「子供が言葉を覚えるのに混乱してはいけないと思い、今までの信念は捨てて東京に合わせることに」(30代・男性)

他には就職など、人生の節目で変える人も多い。

■東京では「訛りがすごい」が地元では「東京に染まって」

方言を貫いている人でも、知らないうちに東京に染まっている。

「東京では訛りがすごいといじられるのに、地元に帰ったら『すっかり東京の人』と言われる。イントネーションが変わってくるみたい」(30代・女性)

また、最初から方言を使わない人も多くいる。

「方言で話すのが恥ずかしかったので、初めてできた友達に標準語で話すように。でもよく話してみると、その子も地方出身者だった」(20代・女性)

死ぬまで方言を貫くには、強い意思が必要のようだ。

・合わせて読みたい→バストが大きい女性はバカっぽい? 根拠なき話は嫉妬からか

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の地方から東京に移り住んでいる男女160名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)