マツコと有吉、過激化する「不倫バッシング」に疑問 世間の空気感が原因?

マツコ・デラックスと有吉弘行が過激化する不倫バッシングについて持論を展開

記事まとめ

  • マツコ・デラックスと有吉弘行が『マツコ&有吉 かりそめ天国』で不倫について語った
  • 有吉弘行は、かつての世間の反応は軽かったが、「絶対ダメな空気」に変わったと述べる
  • 一連の流れを受けて、ネット上では不倫擁護派に対して批判的な意見が相次いでいる

マツコと有吉、過激化する「不倫バッシング」に疑問 世間の空気感が原因?

マツコと有吉、過激化する「不倫バッシング」に疑問 世間の空気感が原因?

マツコと有吉、過激化する「不倫バッシング」に疑問 世間の空気感が原因?

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

週刊誌やドラマでとりあげられるなど、何かと不倫が問題になる昨今。ときには過激すぎるバッシングが見られることもしばしば。

これについて、12日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でマツコ・デラックス(44)、有吉弘行(43)が持論を展開した。

■不倫バッシングに疑問のふたり

番組では、過激化する不倫バッシングについてふたりが意見する一幕が。

有吉は不倫について、かつての世間の反応は「あぁ、そうだったの」と軽いものだったと言い、最近の「絶対にダメな空気になってる」と指摘した。

また、男女ともに浮気をしている人が多いというデータを見たマツコは、「同類嫌悪なわけ? どっか背徳感があるから逆に正義感を出しちゃうのかね」と推察。

一方、有吉は世間の空気が不倫を許さなくなっていると述べ、「みんな悪いって言ってるし、俺も悪いって言っとくか」という風潮があると語った。

■ネット民の声

一連の流れを見ていたネット民からはさまざまな意見が。

・不倫バッシングが多いのは、不倫されて傷つけられた人が多いからと思う。実際不倫してる人も多いから

・不倫擁護派は人を心から好きになったことがないんでしょう。不倫されたらいいのに。「家族になりましょう」と誓い、信頼している中での、裏切りですよ。詐欺師以上に酷ですけど

・不倫を許容できる人の気持ちが理解できねーわ。絶対に関わりたくない

・私は、不倫は嫌い。もう、そういう事が嫌い。してる奴は勝手にすればいいけど、(わー…)って引いた目で見るだけ。容認! ってことは無いかなw

■不倫容認派は4割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1357名に「不倫をする人」についてどう思っているか調査したところ、4割が「容認派」であることが判明。

©sirabee.com

男性のほうが肯定的な意見をもっていることがわかった。

不倫バッシングが過激になる要因のひとつには、不倫が身近な問題になっていることも考えられるだろう。

・合わせて読みたい→安田美沙子が夫の「不倫サイン」を告白 「リアルすぎる…」と話題に

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)