映画『鋼の錬金術師』ビジュアル解禁 「ホムンクルスの再現度」に絶賛の声

映画『鋼の錬金術師』ビジュアル解禁 「ホムンクルスの再現度」に絶賛の声

映画『鋼の錬金術師』ビジュアル解禁 「ホムンクルスの再現度」に絶賛の声

2017年12月1日に公開予定の、映画『鋼の錬金術師』のメインキャラクターたちのビジュアルが、13日に解禁された。

荒川弘氏の大人気漫画を実写化した本作は、最愛の母を亡くした兄・エドワード・エルリックと弟・アルフォンス・エルリックの幼い兄弟が、母を蘇らせるため「人体錬成」という錬金術最大の禁忌を犯してしまう。

しかし、錬成は失敗。その代償として、兄は片足を、弟は肉体を失い、弟の魂を鎧に留めるため、兄はさらに片腕も失ってしまう。そんな兄弟が、「錬金術師」として成長していく姿を描いた、壮大な物語だ。

■「ホムンクルス」たちの再現度がすごい

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「人造人間」として主人公たちに立ちはだかる「ホムンクルス」たち。松雪泰子扮するラストに、内山信二のグラトニー、本郷奏多のエンヴィーは、どれも「完成度が高い」とネット民から絶賛されている。

鋼錬オタの私「ポスター公開したけどこりゃ見ねーな」

松雪泰子のラストのビジュアルを見た私「観に行こう」

— 山田譲司 (@yamadaDX00) July 13, 2017

ハガレン実写化に渋い顔してる人も軒並み「松雪泰子のラストはすごい」って言っててスゴイ
キャスト発表されたときに「いや松雪さんは細すぎでは」って思ってたけどめちゃ妖艶ですごい〜〜薄幸美人の印象が強いからラストの毒の強さどうなんのかなとは思うけどとりあえずビジュアルは群を抜いて良い

— ??????? (@ABnorma123) July 13, 2017

松雪泰子とかホムンクルスのクオリティすごい

— ←くろさき (@sin_3_tuntun) July 13, 2017

中でも、松雪の再現度が素晴らしいといった声が目立つ。あまりのクオリティーの高さに、実写化には否定的だったという人からも「観に行きたい!」との声が。

■おディーン様は優しすぎ? 美麗すぎる「軍部」

(画像はTwitterのスクリーンショット)

物語の中で、主人公たちと密接に関わっていく東方司令部の軍部。

焔の錬金術師でもあるマスタング大佐にはディーンフジオカ、大佐の補佐役でスナイパーのホークアイ中尉は蓮佛美沙子、娘を溺愛しているヒューズ中佐の佐藤隆太が抜擢。

中でもディーンのマスタング大佐に注目が集まっており、ファンから様々な意見があがっている。

多分自分を含めて理想の実写版マスタング大佐像がミッチー(及川光博)な人が多いのって顔が似てるとかよりもあの滲み出る「雨の日は無能」感がイメージにピッタリだからだと思うんですよ。おディーン氏は雨の日でも華麗に戦ってくれそうだもの!

— べす (@bessan_mmsr) July 12, 2017

マスタングおディーン様だけど優しそう。無能感ないし女性好き?まじかよ。。そんな風に見えねぇ!英国紳士だわ。

— 千恵 (@32miu) July 13, 2017

ウワッ軍部かなりいいのでは!?佐藤隆太の完成度高くない!?え…期待しそう…こわい…

— 佐トウ (@hirame_is_fish) July 13, 2017

ハガレン実写化かーとか思ってたけど軍部方みんなかっこよかった

— ふま@8/16→3050武道館参戦 (@Poly0106) July 12, 2017

軍部のキャラクターに強い思い入れのある原作・アニメファンからは様々な意見が出ているものの、「かっこいい」といった声が目立つ。

雨の日には無能になってしまうマスタング大佐に至っては「おディーン様じゃかっこ良すぎるのでは?」といった意見も。

■ヒロイン・ウインリィには否定的な意見が…

(画像はTwitterのスクリーンショット)

エルリック兄弟の幼馴染であり、機械鎧(オートメイル)技師のウインリィ・ロックベル役の本田翼のビジュアルには、本田のヒロインらしい可愛らしさには納得するものの、再現度という点で厳しい意見が相次いでいる。

そもそもハガレンのストーリーの中で「人種の違い」を色濃く写すのがアメストリスの金髪碧眼、イシュヴァールの褐色赤眼であるので、ウィンリィが茶髪黒目の時点でもう愛着すらないことは丸わかりなんだよなぁ

— 沙月 (@satsukisan_) July 13, 2017

リザさん役の蓮佛ちゃんだって金髪なのにどーーしてウィンリィの本田翼ちゃんは茶髪なの。゚(゚´ω`゚)゚。 事務所NG?本人が脱色したくなかったとか?どうであれあれはファンとしては悲しい〜〜軽い気持ちでやれる役じゃないよ〜〜

— ちゃーみん (@charmiiita_mnst) July 13, 2017

アメストリス軍とホムンクルスはビジュアルいい感じなのにメインが、、、、ウィンリィお前そのスパナみたいなチョコどこで買ってきたんだよ、、、、本田翼好きだけどウィンリィはない、、、もうちょっとこう、、、なんか近づけられるところあったやろ、、、

— Goriate (@Golyat1205) July 13, 2017

原作では、髪や目の色など、キャラクターたちの人種の違いが丁寧に描かれているにも関わらず、実写版ウィンリィの髪の色が金髪ではなく「茶髪」。

また、手に持っている小道具のクオリティにも否定的な意見があがっている。

■「アニメの実写化」は4割以上が否定的

しらべぇ編集部が全国の20〜60代男女1,365名を対象に「アニメの実写化についてどう思うか」調査を実施したところ、全体の4割以上の人が「アニメの実写化」に否定的であると判明。

©sirabee.com

漫画やアニメの世界観の具現化は容易なことではないことから、作品の熱心なファンにとっては、どうしても「コレジャナイ感」が否めないもよう。

本作は、朴?美や釘宮理恵など、アニメ版の実力派声優たちによる熱演も人気の秘訣であることから、実写版『鋼の錬金術師』では、俳優陣の演技によってどういったテイストになるのか…12月1日の公開が楽しみだ。

・合わせて読みたい→実写映画『鋼の錬金術師』新PV公開も「走り方ダサすぎ」

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日〜2016年12月19日
対象:全国20代〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)