映画『銀魂』ついに公開! 前評判以上の内容で「お腹が痛くなる」

映画『銀魂』ついに公開! 前評判以上の内容で「お腹が痛くなる」

映画『銀魂』ついに公開! 前評判以上の内容で「お腹が痛くなる」

(画像は映画『銀魂』公式サイトのスクリーンショット)

この夏、一番やばい映画が始まってしまった…!

ついに映画『銀魂』が14日、公開されたのだ。金曜日にもかかわらず、売り切れの劇場が続出している今作。

しらべぇ取材班も早速鑑賞…いや目撃してきたぞ。

■劇場も「全力で銀魂」状態

公開前にネットでも話題になっていたのが、TOHOシネマズ新宿の上映回数の多さ。

(画像はTOHOシネマズ新宿公式サイトのスクリーンショット)

1時間刻みで上映開始してないか、これ…。

劇場では、「銀魂オリジナルコンボセット」(ドリンクとポップコーンのセット)も販売。

©sirabee.com

もちろん購入!

©sirabee.com

ポップコーンが入っている袋はビニール製のため、持ち帰ることも可能だ。

©sirabee.com

このセットを購入すると、限定のクリアファイルももらえるぞ!

©sirabee.com

劇場版オリジナルグッズもかなり豊富で、「名場面ポストカード」に「名言し〜る」など、どれもこれも欲しくなってしまう。グッズ売り場はかなり混雑する上に絶対に何を買うか迷うので、購入予定の人は早めに行ったほうがいいかも。

©sirabee.com

パンプレットの銀さん(小栗旬)もかっこいい!

記者はかなり悩んだ結果、2つほどグッズも購入してしまった…。

©sirabee.com

ちなみに、劇場版での「エリザベスの中の人」は福田監督作品常連の…いや、中の人などいないか。

■あれ、これ大丈夫? な気持ちに…

©sirabee.com

本編は、とにかく福田雄一監督らしい「福田ワールド」と原作である漫画『銀魂』の世界が融合した結果、ひたすら笑いまくりの2時間になっている。腹筋がつらい。

まず、しょっぱなから「あれ、これ大丈夫?」なパロディの連発。

あのキャッチフレーズが出てきたり、あのセリフが出てきたり、あの番組が出てきたり、「ギリギリアウトだろ!」なものが出てきたりと、やりたい放題なのだ。

さらに、豪華なキャスト陣が「あれ、これ大丈夫?」な演技を披露。

橋本環奈(神楽役)の「鼻ほじり」がやばいと話題だが、記者的には菜々緒(来島また子役)と長澤まさみ(志村妙役)を推したい。激推ししたい。

どちらも、今までのイメージが壊れまくる姿を見せてくれる。今後の役に影響するのでは? と心配になるほど。

ちなみに、ムロツヨシと佐藤二朗は、いつものままなので安心してほしい。

しかし、殺陣のシーンはとんでもなく高いクオリティ。かっこよすぎて「あれ、これ大丈夫?」と不安になる。

特に新井浩文演じる岡田似蔵との戦闘シーンは、見入ってしまう。コメディタッチな部分との差がすごく、さすが「天下無敵の痛快アクション・エンターテインメント!」だ。

予算を手に入れた福田監督が映画を作ると、こんなにもすごいものになるのか! と驚く映像の数々も見逃せない。福田監督は、低予算に戻れるのだろうか…。しかし、エリザベスはあきらかに「着ぐるみ感」丸出しだったりと、ちょいちょいチープな感じが、たまらないのだ。

原作が好きな人も、福田作品が好きな人も、出演者が好きな人も、絶対に満足できそうな映画『銀魂』。

最近笑ってないな…と思ったら、劇場へ急げ!

・合わせて読みたい→実写『銀魂』ゆるい音頭に絶賛! 『ジョジョ』予告動画には厳しい声

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

関連記事(外部サイト)