大手だから安心してたのに! 失敗した料理教室エピソード

大手だから安心してたのに! 失敗した料理教室エピソード

大手だから安心してたのに! 失敗した料理教室エピソード

(Digital Vision./iStock/Thinkstock)

料理上手に憧れて、料理教室に通おうと考えている人もいるだろう。しかし必ずしもすべてがいい教室ばかりではないようだ。

しらべぇ取材班は、「失敗した料理教室に通ったことがある人たち」に話を聞いてみた。

(1)オープンな料理教室で、他人に見られたり写真を撮られたりする

「大手のクッキングスタジオに通っていたんですが。どうやら雰囲気を見てもらって集客を増やすためなのか、料理教室がガラスばりで、外から丸見えで…。

とくに私が通っていたところは大型ショッピングモール内にあったので、人も多くて、暇な人がジーッと見てきたり、何に使うのか写真を撮ったりする人も。

見世物のような感じで、落ち着いて作業もできず…。コース終了後に更新はせずに、ちゃんと通っている人だけの空間になれる料理教室に移行しました」(女性・29歳)

(2)材料費として3万円を徴収しておきながら、安い品物ばかり

「個人でやっている料理教室に通っており、講座料金とは別途で、材料費として毎月ひとり3万円が徴収されていたんです。そこそこの値段ですよね。

しかし実際に用意されている食材は、中国産や見切り品のシールがついた野菜や外国産のお肉ばかりで、ひとり3千円もかかっているとは思えませんでした。

それを突っ込んだら『本当はオーガニック専門店で買うつもりだったんだけれど、忙しくて行けなくて…』と、言い訳。

だったら差額を返金してほしいです」(女性・30歳)

(3)講師の質が悪く、解約を申し出たら違約金の支払いを命じられる

「大手で安心していたんですが、講師の質にガッカリ。長い髪を垂らしたままで派手なネイルはしているし、頭を掻いてその手で材料を触る…など、不衛生きわまりない。

またパンをこねている時に、キッチン台が壊れて生地を床に落としてしまった時には、『焼けば大丈夫よ! 細かいことは気にしない!』と、そのまま拾わせて継続させられました。

他にも多々ひどいことがあり、クレームを言いつつ解約を申し出たら、違約金を支払え…と。

こんなブラックな料理教室もあるので、選ぶ時は要注意です」(女性・32歳)

??料理下手に男性は厳しい…?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男性693名に、「家事のできない女性は恋愛対象外だと思うか」と聞いたところ、約3割強が「はい」と回答。

©sirabee.com

とくに家事の中でも洗濯や掃除などとは違い、センスやスキルが求められる「料理」。

だからこそプロが教えてくれる料理教室は女性たちの強い味方となるが、選ぶ教室によってはイヤな気分になるところも…。

体験レッスンなどで雰囲気をきちんとチェックしてから、申し込んだほうがいいかもしれない。

・あわせて読みたい→料理に文句を言う男は悪い? 「勝手に女が感情的にとらえる」と苦言も

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
対象:全国20〜60代の男性693名(有効回答数)