うどん県副知事・要潤 香川人は「せっかち」だからうどん好き?

うどん県副知事・要潤 香川人は「せっかち」だからうどん好き?

うどん県副知事・要潤 香川人は「せっかち」だからうどん好き?

俳優の要潤(36)と木内晶子(35)が24日、都内で行われた「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクト「Caf? de UDON-KEN」プロモーション映像プレス発表会に登壇した。

(左から、要潤、木内晶子)

■うどん県は「アート」も魅力

香川県出身の要と木内が観光大使として「うどん県副知事」に就任したのは2011年。

今年で7年目になり、香川の認知度について要は「毎年上がっていると思います。『うどんを食べに行ったよ』と周りで聞くので、訪れる人も少しずつ増えているのかな」と、観光大使のやりがいをいっそう感じているようだ。

(要潤)

プロモーション映像で要はカフェの店主、木内は旅行客を演じた。

コーヒーの要領で”いりこ”の出汁を淹れて客に出すシーンについて、要は「(コーヒーミルが)ちゃんと粉々にしてくれて、出汁が取れるんですよ」。木内は「うどんの出汁を思い出させるような香りがした」と話し、おいしかったそうだ。

うどん以外の魅力について聞かれると、要は「やっぱりアートですね。瀬戸内海に浮かぶ島々100くらいあるんですが、島全体がアートになっているところもあるんです」と語った。

■香川県の人は意外と「せっかち」

お互いの印象については、要は「すごく芯が強い女性で、しっかりものなんですよね」と話すと、木内は「そんなに言っていただけて本当にうれしいです。要さんのほうがしっかりしている。スタイルが良くて憧れの存在」と褒め返した。

(木内晶子)

記者から香川県の男女の特徴を聞かれると、要は「せっかちな人が多い。瀬戸内海は穏やかなのに心はせっかち」と答えた。

木内も「たしかに、時間が早いからうどんにしようって思う人が多いのかも。地元の人は食べるのも速い」と納得していた。

映像には演出家の宮本亜門(59)も出演。Webサイト「香川県公式観光サイト うどん県旅ネット」の特設サイトやYoutubeで公開されている。

・合わせて読みたい→うどん県副知事・要潤「すすり音で乳児泣きやむ」と自らアピール

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)