『僕たちがやりました』今夜初回 若者向けでもママ層が観るべき理由

『僕たちがやりました』今夜初回 若者向けでもママ層が観るべき理由

『僕たちがやりました』今夜初回 若者向けでもママ層が観るべき理由

©sirabee.com

本日21時、窪田正孝主演ドラマ『僕たちがやりました』(関西テレビ・フジテレビ系)が初回放送を迎える。

窪田を始め、間宮祥太朗、新田真剣佑などイケメン揃いのキャスティングや川栄李奈の巨乳エロかわ女子役、公式SNS人気などですでに多くの若者から注目を集めている本作。

しかし、しらべぇドラマ班が先週行われた関係者向け試写会に参加したところ、「むしろ親世代にこそ観てほしい!」と思える仕上がりだった。

そこで、この記事ではドラマ班が考える「ママ層が観るべき3つの理由」を紹介したい。

(1)普通の青春群像ではあり得ない「クズな若者」

フレッシュな出演者が多く出演する本作だが、爽やかで熱くて清々しい、いわゆる「普通の青春群像」とは一線を画している。

と言うより、むしろ登場人物たちのほとんどが自分の欲望に忠実で、自分とは別のコミュニティに所属する人間を、どこか見下しているような人間なのだ。

主人公・増渕トビオ(窪田)と市橋哲人(新田)の関係性はまさにそれを象徴している。道を隔てて向かいに位置する高校に通いながらも、お互い心の中で蔑み、尊重するに足る相手だとは決して考えない。

一般的な青春ドラマは、どんな人間の心の中にも存在するはずの「業」をあえて無視することからスタートするが、本作では真っ向から取り扱い、結果的にとてもリアルな若者像を描くことに成功している。

(2)「悪ノリ」から始まる逃走・転落

「そこそこでいい」と思って生きてきたトビオたちだったが、マル(葉山奨之)が市橋らに拉致され、ボコボコにされてしまった復讐を果たすことに。

彼らとしてはあくまで「脅かす程度」のつもりだったのものの、それが思わぬ結果を生み、人生が激変してしまうことになる。

ネタバレになるためここでは詳細には書かないものの、深夜の学校での「悪ノリ」は、まさに学生時代ならでは……と言える代物で、非常にリアル。

しかし、親世代が見れば受け止め方も変わり、「うちの子はこんな風になってほしくない」とハラハラドキドキしてしまうことだろう。

(3)先輩・後輩関係という罠

そんな「悪ノリ」を加速させているのが、男子コミュニティ特有とも言える「先輩・後輩」の関係性だろう。

本作において、元キングオブコメディの今野浩喜演じる「パイセン」は、高校を卒業しながらも毎日部室にやって来て、トビオたちと遊んでいるというキャラ。

さみしがり屋で構ってちゃんという、なんとも面倒な性質の持ち主だが、そんな人物を先輩に持つと相手をしなければならないのが男子という生き物なのだ。

狭いコミュニティの中、異なる価値観と混じり合おうとせずにヌクヌクと生きるトビオたちの様子は、同世代が見れば理想的に思える反面、人生経験豊かな親世代からすれば、ある意味怖さを感じさせるものと言える。

コミカルなシーンの向こうに、背筋をヒヤッとさせるテーマが存在する本作。色んな世代からの、色んな鑑賞に耐えうるはずだ。

《これまでに配信した『僕たちがやりました』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『僕やり』巨乳エロかわ女子役の川栄李奈 役作りに不安も?

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

関連記事(外部サイト)