月9『コード・ブルー』 フェローたちが「役立たず過ぎる」と話題に

月9『コード・ブルー』 フェローたちが「役立たず過ぎる」と話題に

月9『コード・ブルー』 フェローたちが「役立たず過ぎる」と話題に

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

17日に初回が放送され、平均視聴率16.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)とまずまずの好発進となったフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(以下、『コード・ブルー』)。

変わらぬ世界観や山下智久演じる藍沢耕作の格好良さなどが注目を集める一方で、新参加となったキャストたち演じるフェロー(フライトドクター候補生)たちが「役立たず過ぎる」と話題になっている。

■現場で棒立ちの横峯 もっとも深刻?

問題となったのは名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)のフェロー3人。

その中で初回、もっとも深刻な「役立たずっぷり」を露呈したのが横峯だ。まず、お祭り現場に到着すると混乱する現場で突っ立ち、消防隊員など行き交う人々にぶつかってしまう。

そんな彼女を「ちょっと聞こえてる? こっち見て」「深呼吸して、まずは落ち着こうか」と彼女を落ち着けようとする先輩・藤川。なんとか我に返り、軽傷者が集まるスーパーの駐車場に行こうとした横峯だったが、消防隊員に「家の中にけが人がいる」と呼び止められてしまう。

しかし、そこにいた男の子は思いの外重傷で、大量の出血をしており、横峯は再び立ち尽くしてしまう。そしてその後、シーバーを持っているにも関わらずわざわざ白石のもとに行ってしまう……という、一秒を争う現場ではあり得ない失態をおかすのだった。

■灰谷、名取も色々ヤバい

真面目な性格の灰谷も、注射器を何本も無駄するなどかなり不器用な様子で、お祭り現場では軽傷者の対応に大慌て。「横峯先生、どこ〜?」などと、泣きそうな顔を何度も見せる。

さらに、「急に意識レベルが下がった患者がいる」と告げられると、酸素投与するという基礎的な行動がとれず、シーバーで連絡をとった白石に「当たり前のこと聞かないで!」と怒られてしまう。

ふたりに比べると比較的器用な印象の名取も、医師としての資質に欠ける一面が。緊急の手術で他のメンバーが奔走しているにも関わらず、緋山美帆子(戸田恵梨香)に司令されるまで動かないなど、情熱がなさすぎるのだ。

新人ナースの雪村双葉(馬場ふみか)は今回、そもそも登場シーンが多くなかったため、3人のように実力不足を露呈することはなかったが、この調子でいくとなかなかヤバそうな予感だ。

■違和感にイライラも…

フライトドクター候補生とは言え、一応研修医の彼らの無能っぷりに、「出来なさすぎる」「イライラする」など、ネガティブな感想を持った人は少なくなかった様子。

んんん(´・ω・`)?
コードブルーの新しいフェロー3人がただのインターンに見える・・・
レジデント経てフェローになってるんよね?
もーちょっと動けても良いのでは・・・?

― あいかちん (@chin2189) 2017年7月18日

昨日のコードブルー途中まで見たけど…なんか新しいフェローいらないわやっぱ

ってか出来なさすぎてイラッとくるw

― アップル パイ? (@apple__red17) 2017年7月18日

コードブルーいいけどさ。

平成ジャンプファンの人まじごめんね。

有岡とかまじいらん。
5人だからコードブルーなんだよ。
フェローめっちゃテキパキ動いてないし。
演技なのは分かるけどさ。そこは引っかかる…。

― なすび (@Shigenazu) 2017年7月18日

家事をしながら録画した「コード・ブルー」観ているけど、フェローたちが素人すぎてイライラするww前作までの人間関係が分からないから1から観たくなった〜(*´艸`*)

― nomeko (@nomeko1019) 2017年7月17日

■「昔の4人を見てるよう」の声も

しかし、一方では「昔の4人を見ているよう」と、今や指導する立場になった白石たちのかつての姿と重ねる人も。

今のフェローのダメダメっぷりに焦点が行きがちだけど、
1stもドクターヘリや急患は主にシニアが中心に受け持ってて、
当時のフェローがCTを怖がる患者さん(男)にブラを付けると安心するからってことで付けれるように説得する回もあったからな。
ホント成長したな…!#コードブルー

― 馬旋風 (@umaseYUI) 2017年7月18日

コードブルー良かった〜
色々気になるとこもあったけども…。何気に勝村さんいないのショックだった-_-
あと「ドクターヘリ エンジンスタート」の人も変わってた…(^_^;)フェロー使えなさすぎww
でもどこか昔の4人と重なる部分もあって…。ポスト冴島みたいなナースもいたしww

― minana (@J_K_oppa) 2017年7月17日

7年ぶりのコードブルー3rd!
あの頃のフェロー達が成長して今度は新人フェローを育てる立場に!
でも新人達は何もできないという状態に!

よくよく考えたら1stの1話もシニアや黒田先生が付いていたんだよなーと思うと、感慨深い。
藍沢先生は当時からずば抜けてたけど。

― 馬旋風 (@umaseYUI) 2017年7月17日

また、「新人はこんなもの」と、リアルさを評価する声も多く見られる。

■「部下への殺意」経験者は2割も

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「部下を殺したいと思ったことがある」と答えた人は全体の23%。役立たずな部下に振り回されて、思わず殺意が芽生えてしまう人は決して少なくないようだ。

新人フェローたちの成長を描くと同時に、教える側としての白石らの成長を描くことになりそうな本シーズン。そのリアルさゆえに出た「イライラする」などの感想が、今後どのように変わっていくのか、見守りたい。

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒月9『コード・ブルー』女子悶絶! 山P演じる藍沢先生が格好良すぎる

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20〜60代の管理職経験のある男女332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)