岡田准一は「鉄人」? 映画『関ヶ原』の裏話がすごすぎ

岡田准一は「鉄人」? 映画『関ヶ原』の裏話がすごすぎ

岡田准一は「鉄人」? 映画『関ヶ原』の裏話がすごすぎ

©sirabee.com

18日、東京・豊洲にて映画『関ヶ原』の完成披露イベント&舞台挨拶が行われ、岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、西岡コ馬、役所広司、そして脚本も務めた原田眞人監督が登壇。

豪華すぎるこのイベントに、しらべぇ取材班も参加してきたぞ!

■レッドカーペットに大砲!

18日は雹や豪雨が降るなど、かなり不安定な天気だった。待っている最中も小雨がぱらつくなど「イベント、本当にやるのか?」と心配する声も上がっていたほど。しかし、開始直前には青空が!

©sirabee.com

大砲が鳴り響き、出演者たちが登場だ。すごい、さすが関ヶ原。

©sirabee.com

一人ひとりの挨拶の場面で、岡田の次に挨拶をした有村が「雨、大丈夫でしたか?」とマスコミ・来場者を心配する言葉を投げかけると、そのあとの全員が「雨、大丈夫でしたか?」と挨拶。

©sirabee.com

役所に「主演の岡田君がそういう心遣いがないので、キャストみんなで」と言われ、「もう一度僕、言い直して…雨、大丈夫でしたか?」と岡田が返す一幕も。

■誰も知らない「岡田准一」

©sirabee.com

撮影中は、かなり深夜まで撮る日も多かったという。東出から、こんな岡田のエピソードが。

「夜11時くらいまで撮影をして、山の上からロープウェーで降りて。ホテルに帰るロケバスで岡田さんとご一緒して。僕、飲むことしか考えてなくて。撮影終わった、ビール飲みたいって思ってて。

岡田さんに『こういう晩は、帰ったら何されてるんですか』と聞いたら、『今12時くらいだから…帰ったらトレーニングかな』って。『うわ、鉄人だ!』って思いました(笑)」

役所からも「その前に一緒に仕事した時も、夜中走ってましたね。1人で、木刀持って」と言われ、「その時、役所さんも誘ったんですけど、『僕は、いいや』ってすっごい優しく断られました」と笑う岡田。

ほかにも、原田監督と有村が「すごく美味しかったお店」(有村)で2人だけでご飯を食べたことや、平のことを「ライオン丸」とみんなで呼んでいたエピソードなど、いろいろな裏話が飛び出した。

■監督は「すごく怒る」

舞台挨拶では、監督に関するエピソードが続出。

©sirabee.com

岡田曰く、「監督は、『すごい怒る』で有名なんですよね」。撮影中、平は中学生の部活以来で俺怒られてるな…と岡田と話していたそう。

©sirabee.com

原田監督の作品にずっと出たかったという西岡からも、「現場に入ったら怒鳴っている人がいて、『怒鳴ってるの誰だ』って聞いたら『あれ、監督ですよ』って」。

これを受けて、原田監督の作品に多く出演している役所は「本当に優しい監督ですよね、ちっとも怒鳴ることなんてないです」とニヤリ。

■岡田を斬った!

有村からは、とんでもない告白が。

©sirabee.com

「忍びとして短刀を持って戦ってんたんですけど、三条河原でのシーンで…ちょっとハプニングが。

岡田さんのおでこに刀を当ててしまって…冷や汗が止まらなかったです!」

斬られちゃった岡田が「斬られたのをごまかしながら芝居を続けてますのでわからないと思いますけど…使ってるのかな?」というと、監督から「多分使ってますね」の言葉が!

このシーン、注目して観なくては。

■企業戦士の参考に?

(?2017「関ヶ原」製作委員会)

自身の演じる家康を、「部下の意見を先に聞いたり、我慢強かったりと、会社の社長にすると、いい手本になると思う」と表した役所。

歴史好きだけでなく、企業戦士たちが見ると参考になるとか…。

映像もド迫力かつ美しい映画『関ヶ原』(配給:東宝=アスミック・エース)は、8月26日(土)より全国ロードショーされる。

・合わせて読みたい→有村架純『ひよっこ』1本の出演料は10万円以下 人気女優たちのギャラ事情

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

関連記事(外部サイト)