『ハロー張りネズミ』が謎企画開始 ハリネズミ動画公開に困惑も

『ハロー張りネズミ』が謎企画開始 ハリネズミ動画公開に困惑も

『ハロー張りネズミ』が謎企画開始 ハリネズミ動画公開に困惑も

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

夏ドラマも今週ですべてが放送開始に。好調なスタートを切った『コード・ブルー』(フジテレビ系)などの一方、放送前のSNS戦略で失敗し、つまずいてしまった作品も観られる。

そんな中、瑛太主演のTBS系ドラマ『ハロー張りネズミ』がツイッターで始めた企画が色んな意味でヤバイので紹介したい。

■ハリネズミ動画のアップをうながす

金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』特別企画!! ハリネズミのかわいくて癒される動画をどんどんアップしていきます。みなさんも #ハロネズ(#ハロー張りネズミ)をつけて動画をSNSにアップしてみてね一緒にハリネズミ動画をシェアしませんか?https://t.co/rzWmbvNCfV

― ハロー張りネズミ【公式】ハロネズ (@hello_hrnzm) 2017年7月19日

金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』公式アカウントが投稿した動画。ハリネズミのかわいくて癒される動画をどんどんアップしていくという趣旨の「特別企画」だ。

劇中での流れる「SOIL&”PIMP”SESSIONS」のオシャレな音楽が、ハリネズミ動画とまったく噛み合っておらず、独特のシュールさを醸し出している。

また、この動画はYouTubeのTBS公式アカウントでも見ることができ、ツイッターで見る以上に癒やされることができる。タイトルに入っている「激萌え」という言葉も、独特のセンスを感じさせる代物だ。

■時代を先取りしすぎた? ネット民の反応はほぼなし

©sirabee.com

作品名こそハリネズミに近い本作だが、内容はあくまで探偵モノ。

原作での主人公の髪型や、寝ずに相手の尾行する行動から「ハリネズミ(張り寝ず視)」のあだ名で呼ばれているという設定なだけで、『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)のように「モフモフ」や「癒やし」が作中にあるわけではない。

むしろ、激萌えとは程遠い都会的な雰囲気を持ち、音楽が非常におしゃれな、サブカル層に受けそうな作品だ。

それゆえ、バイラルメディアやbotアカウントのようなこの企画に、面食らってしまった人が多かったようで、しらべぇドラマ班が複数人体制で必死で探したにも関わらず、公開アカウントでの反応は3件程度にとどまっていた。

ハロー張りネズミってゆうドラマがリアルハリネズミの動画をyoutubeにあげてるのとってもおもしろい

― あみ (@a_smz5) 2017年7月19日

もっとも、公式サイトや駅ナカポスターでは「ハリネズミVer」とも言えるビジュアルは、以前から見ることができたのだが……

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

これも、特別作中のキャラに寄せてきているわけではないので、「かわいい」以上の感想が出てこないのが正直なところ。(いや、それが一番正しい反応なのかもしれないが……)

■ハリネズミを飼いたいと思う?

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「ハリネズミはペットとしてありだと思う」と答えた人は全体の3割弱。若者層に人気が高く、20代では4割近くが該当する結果になった。

一瞬面食らってしまう可能性もあるものの、ここに該当する人は一度『ハロー張りネズミ』の公式アカウントを見てみると、いいことがあるかもしれない。

《これまでに配信した『ハロー張りネズミ』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→新ドラマ『ハロー張りネズミ』 人気を集めた弘兼憲史の原作にも注目

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20〜60代の男女1368名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)