『ウチの夫』仕事ができることは恋愛対象として重要? 女子の本音は

『ウチの夫』仕事ができることは恋愛対象として重要? 女子の本音は

『ウチの夫』仕事ができることは恋愛対象として重要? 女子の本音は

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

錦戸亮と松岡茉優が夫婦役を演じて話題のドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)。

「学歴、勤務先、年収、ルックス、すべて良し!」と思っていた夫が、じつは仕事ができないお荷物社員であると判明することから始まったこの物語も、今夜で第三話を迎える。

そこで、しらべぇではこのドラマに根幹に関わる部分を調査してみることに。それは「パートナーが『仕事ができる』ことは、それほどまでに大切なのか?」ということだ。

■女性の過半数は「仕事ができることは恋愛面で重要」

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の男女1342名に調査を行なったところ、「仕事ができることは恋愛対象の要素として重要だ」と答えた人は全体の44.8%。

想像通り、男女差が大きく出ることとなり、男性に比べて女性は20ポイント近く高い数値となった。

「尊敬できる相手でほしい」「良い勤務先に勤めているだけでは今の時代危ない。社内でいいポジションにいたり、外に出ても通用する人材であってほしい」といった願望が浮き彫りになる結果だ。

■30代女性は数値低め

©sirabee.com

年代別で見ると、女性は30代がもっとも低い数値に。結婚を考えている層が多いことが、数値の低さに繋がったのだろうか?

一方、男性は60代以外で3割強と全体的に低い数値に。仕事面での能力より、他に求める要素があることがわかる。

■「仕事ができる」って何?

もっとも、なにをもって「仕事ができる」とするのかは、定義がなかなか難しいところだ。

プレイヤーとして優秀でもマネジメント能力に欠け、優秀な人材を潰してしまう人もいれば、行動力・体力に優れて長時間労働を苦にしない反面、要領の良さに欠けるせいで最終的な成果に繋がらない人もいる。

あるいは、ずば抜けた成果を出すことができるが、倫理観に乏しく、グレーなやり方を好む人もいるだろう。

当サイトでも、壇蜜演じる女上司のマネジメント能力についての記事を配信したが、彼女の場合、クライアントに対する対応で視聴者の是非はきれいに分かれていた。

ライトなお仕事コメディながらも、観る人それぞれに「仕事はできるとはなにか?」という、大きなテーマを突きつける本作。今夜の放送では、何が起こるのだろうか。

《これまでに配信した『ウチの夫は仕事ができない』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい⇒『ウチの夫』壇蜜演じる女上司は「仕事がデキる」? ネットで議論に

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)