リンキン・パークのボーカルが逝去 ワンオクTakaやファンが哀悼の意

リンキン・パークのボーカルが逝去 ワンオクTakaやファンが哀悼の意

リンキン・パークのボーカルが逝去 ワンオクTakaやファンが哀悼の意

(画像はTwitterのスクリーンショット 左からチェスター・ベニントン、マイク・シノダ)

2017年7月20日、米ロックバンド「リンキン・パーク」のボーカル、チェスター・ベニントンが自宅で首を吊って死亡しているのを発見された。自殺とみられている。41歳だった。

これに対し、メンバーであるマイク・シノダ(40)や、彼と交流のあったロックバンド・ONE OK ROCKのTaka(29)らがSNSで心情を語った。

■チェスター・ベニントンとは

「リンキン・パーク」は、1996年に結成されたバンド「Super Xero」を前身にしており、1998年にリードボーカルが脱退。

そのボーカルの後釜として、チェスターはオーディションを勝ち抜いて加入した。チェスターの歌声を聴いた他の候補者は帰ったとの逸話もある。

チェスターの驚異的なシャウトと、バラードでの魅力的な声は人々を虜にしており、過去には来日公演も数多く行なっている。

先日も、5月に発売したアルバムのプロモーションのため日本に訪れていた。

■メンバーやワンオク・takaの投稿にファンたちの嘆きが

マイク・シノダが「ショックでとても悲しいが、事実だ」とツイートし、ファンの返信で溢れている。

Shocked and heartbroken, but it's true. An official statement will come out as soon as we have one.

— Mike Shinoda (@mikeshinoda) July 20, 2017

チェスターの冥福を祈る人、全力で悲しみを表現する人、なんで死んでしまったのかと怒りを隠せない人。どのファンも彼の死によって心を乱されているのがわかる。

また、チェスターと交流のあったONE OK ROCK・Takaは「彼は私の心の中にずっといる。チェスターのすべてに感謝」と投稿。

返信には、チェスターの死を惜しむ声やTakaを心配する声が多数集まる。

You will always be here in my heart. Thank you for everything Chester.

A post shared by Taka (@10969taka) on Jul 20, 2017 at 12:37pm PDT

■影響を受けたミュージシャンたちも哀悼の意を示す

多くの日本人ミュージシャンたちにも影響を与えたチェスター。Twitterでは、ロックバンド、アイドル、ヴィジュアル系と様々なジャンルのミュージシャンたちから、死を惜しむツイートが流れていた。

チェスターさん亡くなったとか考えられん…まじか…

— 高村佳秀 (@taka_bluen) July 20, 2017

ギターの中村です@Vjolt1246

多くのバンドマン(特にボーカリスト)に夢を与えてきたリンキンパークのチェスターが自殺しました

いま録画しておいたクレイジージャーニーを観ているのですが何も頭に入ってきません

生で観ておきたいバンドは後悔する前に行くしかないと思いました

— 420 SKUNK (@420Sofficial) July 20, 2017

どうしよう
11月にはチェスターの本物の声が聴けると思っていた

ショックすぎて
マジでなにも考えられない

わたしの憧れのボーカリスト

— 星熊南巫(我儘ラキア) (@rakia_minami) July 20, 2017

昔コピバンして曲も歌って、今でもよく聴いてて、遠征の車でも何回も聴いてて。高校生の通学も、大人になってからもヘビロテもリンキンだった。チェスター、残念でならないです…。

— Purple Stone 風麻@ネコ派 (@FUMA0628) July 20, 2017

明石家さんま(62)の娘・IMALU(27)も、突然の死を受け止められずにいると吐露。

Linkin Parkチェスターのニュース。嘘でしょ…いや、嘘と言ってほしい。まだ受け止められない。

— IMALU / LULU X (@imalu0919) July 20, 2017

■日本のファンたちも心乱れる

もちろん、ショックを受けているのはミュージシャンだけではない。日本の音楽ファンたちも整理のつかない気持ちをツイートしていた。

チェスター。。ショック過ぎる。。中学生の時に聴いた彼の歌声が海外の音楽を聴くようになったきっかけでした。

— 708 (@nao8715) July 20, 2017

海の向こうの人だと、同じ国の人よりも亡くなった実感がない。本当に生きていることすらも実感できることがないから。でも2009年、灼熱のサマソニで確かに自分の目の前にリンキン・パークのチェスターはいた。一緒に行った、カラオケでリンキンばかり歌ってた奴もこのニュースを見てるだろうか。

— ソノダマン (@yoppeleah) July 20, 2017

リンキンのチェスター死んじゃったの!?!?!?
すごいショック…日本で流行りだした時に、俺はもっと前から好きだったのに!って拗ねてたくらい好きだったのになぁ…
…ご冥福をお祈りいたしますorz

— しぐ@らすかる (@bainface) July 20, 2017

チェスターの歌声に惹かれて、海外の楽曲に興味を持った人も多いようだ。

今年11月には4年ぶりの来日公演が発表されていただけに、日本のファンたちのショックも計り知れない。

ただ、いまはチェスターへの哀悼の意を捧げたい。

・あわせて読みたい→サマソニのアリーナは地獄絵図! まるであの名作の世界

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ)

関連記事(外部サイト)