謎の引き落としに不正利用…クレカの明細チェックで防がれた危機

クレカ明細確認する 57.1%

謎の引き落としに不正利用…クレカの明細チェックで防がれた危機

謎の引き落としに不正利用…クレカの明細チェックで防がれた危機

謎の引き落としに不正利用…クレカの明細チェックで防がれた危機

(Rawpixel Ltd/iStock/Thinkstock)

過去の調査で、79.9%の人が「持っている」と答えたクレジットカード

便利な1枚だが、クレジットカードの明細が届いても、中を確認せずに請求額だけ見てスルー…なんて人も多いのでは。

■明細、チェックしてる?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,342名を対象に「クレジットカードの明細」について調査したところ、全体の57.1%の人が「きちんとチェックしている」と回答。

クレジットカードを持っていなかったり、ほとんど使っていない人も含まれているため、かなりの人が確認しているようだ。

©sirabee.com

年齢が上がるごとに明細チェック率が上がっており、お金に対する関心が高まっているのがわかる。一方で20代男性は4割を切るなど、若い人は「まあいいか」と済ませてしまっている人も多そうだ。

しかし、このチェックをしたおかげで、「助かった!」経験をした人も。

■「あの時、チェックしていなかったら…」

「明細の中に、サービスを解約したはずの会社から請求が。なんだろう? と思い、問い合わせたところ、一部が解約できていなかったようで。まとめて解約されているものだとばっかり思ってました。

対応も微妙で…少額ですが、イラッとしましたね」(20代・男性)

「普段はあまり明細を見ていなかったのですが、ふと内容を確認してみたんです。そうしたら、回線が重くてなかなか買えなかった航空券が、2重で請求されていて。

慌てて連絡を入れて、キャンセル処理をしてもらいました。確認して本当に良かった」(30代・女性)

「海外から、謎の引き落としがされていて。クレジット会社に問い合わせたところ、『月額使用料で、毎月このカードから引き落とすことになっている』と。全く身に覚えがないので、その場で決済の停止と、カードの再発行をしてもらいました。

額は数千円だったので、海外からじゃなかったら見落としていたかもしれません」(40代・女性)

請求が高額ではないだけに、合計金額だけ見ていたら見落としてしまいそうな話ばかり。普段は中身まで確認してない…という人も、一度チェックしてみては。

・合わせて読みたい→バーゲンにネットショッピング…クレカの使いすぎで地獄を見た人

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代男女1342名(有効回答数)