14人のセクシー女優がVR作品で共演 エロスと技術が織りなす現場を直撃

14人のセクシー女優がVR作品で共演 エロスと技術が織りなす現場を直撃

14人のセクシー女優がVR作品で共演 エロスと技術が織りなす現場を直撃

(写真左:跡美しゅり/写真右:篠田ゆう)

VR(仮想現実)は、今もっとも注目される映像技術のひとつだ。視聴にはゴーグルなど専用器具が必要なものの、実際に目の前で起きているかのような映像はよりリアルな体験に近づいた言っても過言ではない。

ビデオデッキやDVDなど、技術の進歩や普及は生物の三大欲求のひとつである「エロ」が起点になるケースが少なくない。

今年はAV業界の祭典『AV OPEN2017』にも「VR-1グランプリ」と題した部門ができることも発表されたが、大手メーカーのSOD社がとてつもない規模のVR作品を制作中との情報が、しらべぇ編集部に入った。

■14名のセクシー女優が360°VRで共演

そのAV作品とは、「360°?3D」VRで、14名の今をときめくトップ女優が共演するというもの。そのラインナップは…

紗倉まな/古川いおり/市川まさみ/飛鳥りん/戸田真琴/桐谷まつり/波多野結衣/大槻ひびき/篠田ゆう/跡美しゅり/宮崎あや/椎名そら/桜木優希音/推川ゆうり

という、豪華さだ。

■野本社長に狙いを聞いた

しらべぇ取材班は、撮影現場を視察していたSOD社の野本ダイトリ社長に話を聞いた。

©sirabee.com

野本:僕は、どうしてもリベンジしたい企画がひとつあったんです。20年前、うちの創業者の高橋がなりが『空中20メーターFU◯K(※編集部で自主規制)』という作品をつくったんですが、クレーンを何台も用意してヘリコプターまで繰り出して、空中でのエッチを撮影する、という…。

これが4、5000万円かけて撮ったのに大コケして、当時、会社は倒産の危機を迎えたわけです。

今はVRなどいろんな新技術が生まれていますから、それを活かして、かつて創業者がした挑戦に対して「俺がリベンジしてやりたいな」と、みんなに無理を言ったところがあります。

今回「360°?3D」を実現するために、まずはそれを撮影できる「カメラづくり」からチャレンジしました。制作費的には、技術が進歩したおかげで前回の空中作品をつくった時よりは安いですが、合成技術やドローンも駆使して、普通の作品と比べたら圧倒的なコストをかけています。ここまで気合が入った作品は、つくったことがないです。

地上100mでエッチするという、「お金をかけて馬鹿なことをやる」のがSODらしいですよね。べつに売れなくてもいいんです。新しい技術を使って面白いことをやって、お客さんが喜んでくれれば嬉しい。

■空間に「人のカラダ」を入れるのが難しい

監督にも話を聞いたところ、「AVのVRならでは」のハードルがあったようだ。

監督:「360°?3D」のVRだけなら、専用のカメラをポンと置けば撮れる。でも人が入れないんです。僕らの業界の映像って、必ず「人のカラダ」が入るんですよ。

球体のレンズは、「空間としての360°」は撮れるけれど、空間に対して人間のカラダを入れていかなければならない。そういうカメラはなかったんです。だから、カメラの試作もたくさん行い、ライティングの組み方なども工夫しました。

■VRは女優の演技力・想像力も問われる

(写真左:推川ゆうり/写真中:波多野結衣/写真右:宮崎あや)

VR作品がふつうの作品と違うところを女優たちに聞いたところ、

「カメラが固定で、男性が動けないので、私たちが主導して攻める感じの作品になる」

「会話シーンも、相手がしゃべっている感じを想像してセリフを言わないと」

と、撮影方法が特殊なゆえの工夫が求められるようだ。

■どこから見たらいいかわからない程パノラマ

(写真左:桐谷まつり/写真右:紗倉まな)

また、SODstar専属女優の紗倉まなちゃんは、

「360°のVR作品は1回出たことがあるけど、1人で出演したので孤独との戦いでした。こんなにいっぱいの女優さんと集まるのは初めてだし、スタッフさんに『どこから見たらいいのかわからないくらいパノラマだよ』って聞いて、楽しみです」

と語る。

(写真左:市川まさみ/写真右:古川いおり)

同じくSODstar専属の古川いおりちゃんは、

「いつもの撮影より緊張してます。共演する女優さんの中には、大先輩の方もいらっしゃるので、なるべく失礼のないよう、『引くとこは引いて出るとこ出る』感じで」

とのこと。

■ファンタジーの究極か

(写真左:飛鳥りん/写真右:戸田真琴)

また、映画や映像にも造詣が深く、しらべぇコラムニストでもある戸田真琴ちゃんは、

「台本を見たとき、びっくりしました。VR作品自体には何度か出たことがありますが、合成とVRが一緒にできるなんて、すごい。技術にもびっくりしますし、ここまでの女優さんも集まるなんて。AVってファンタジーだと思ってるんですけど、その究極ですよね」

と驚きを語った。

■たとえるとこんな感じか

取材班は撮影前の現場を訪れたため、作品の詳細は不明だ。さらに、VR映像の魅力を記事で表現するのは難しい。

「14人のセクシー女優に360°取り囲まれる」というのは、こんな感覚だろうか。

©sirabee.com

ふふふふ記者も、いつになく嬉しそうな表情をしている(ちなみにゴーグルの中は真っ暗で、何も見えていない)。

©sirabee.com

■野本社長もやってくれたぞ

しらべぇ取材班が考えた「360°VRのイメージ図」、野本ダイトリ社長もやってくれた。

©sirabee.com

かつて会社を倒産の危機に追い込んだ「大コケ作品」のリベンジはできるのか。SOD社らしい挑戦に、期待が高まる。

・合わせて読みたい→Aカップグラドル神坂ひなのはなぜAVデビューを決めたのか? 初撮影の現場を直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 撮影/ふふふふ)

関連記事(外部サイト)